忍者ブログ
趣味である音楽(主にメタル)や競馬に関するブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

こんばんは。昨日は渋谷サイクロンにて行われた
激ロックFes Vol.9 東京extra showに参加してきました。




新宿のジュンク堂、渋谷の楽器屋なんかを巡ったのちに渋谷サイクロンへ
結局会場入りしたのは17:40くらいでしたね。


事前の情報では、チケットの法はsold outということで、
かなりの混雑ぶりが予想されていたわけですが・・・


そのとおり混んでましたねw
自分が到着した頃には既にロッカーは埋まっており、
客席もかなり人で一杯でした。


18時開演予定ということで、ほぼ予定通りに開始
Opening Actorは若手国産メロディック・デスメタルバンドのSerenity in Murder


◆Serenity in Murder

厳かなムードに包まれる中、The First Frisson of the Worldのイントロと共にメンバー登場
自分がいた場所のせいか、リフを中心にギターの音が聴き取りにくかったような・・・
サラサラヘアーの女性Vo.Emi嬢のデスボイス、ステージングは中々にカッコよし

続いてキラーチューンThe Tragedyのシンセで涙腺崩壊・・・
早口気味に煽るVo.も緊張感があって良かったです。

あとはどの曲やったかあまり覚えてませんが、
ラストはIn Hell of Heavenでしたね。たしか・・・
終盤の神々しいまでの泣きのパートがラストに相応しい・・・


リフを中心にギターが聞き取りにくかったのが惜しかったですが、
個人的には楽しめました。
恐らく全部で30分に満たないステージでした。
観客はあまり盛り上がってなかったような・・・
ほとんどの方が他の2バンド目当てで来てたんでしょうかね。


また年末ライブに行くと思うんで、楽しみですね。


◆Anterior

イギリス産メロディック・デス、メタルコア5人組によるステージ
巨漢のメンバーが並ぶとステージが手狭に見えて仕方ありませんw


演奏開始から既にSerenity in Murderとは比べ物にならん盛り上がりっぷりで、
ちょっと可哀想に思えてくるほど・・・


教科書的なシュレッドギターから、
ツインリードによるハーモニーを活かした2人のプレイに集中していました。
荒々しく刻むリフに対して、ソロは非常に丁寧に弾いているように見えましたね。
ピックによる高速刻みを見せるベースにも唖然
Vo.はCDだとなんとも想いませんが、ライブでは中々・・・


徐々にサーフも大量に発生し、前方を主体に凄まじい盛り上がりでした。
上演前のアナウンスではAnteriorはフルセットでお送りするとのことでしたが、
1時間足らずで終了、こんなもんか。


◆Lazarus A.D.

本日の3バンドで唯一見たことがあるバンド
2ndアルバムは視聴した感じ微妙に映ったので聴いていなかったので、
1stアルバム主体の選曲を望んでましたが、まあないですよねw


縦横無尽に駆け回るリフワーク、
いかついメンバーの一糸乱れぬ扇風機ヘドバンは絵になりますね。
Thou Shall Not FearとLast Breathを聞けた時点で心惜しいですが、
時間的に途中で帰ることとしました。



とりあえず、もっと集客できたんじゃないかと思えるメンツでした。
もっと大きい会場でやってほしかったのが本音ですが、
自分は3バンド全て楽しめました。


久々だからか身体が痛いw
次はGalneryusです!
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
Mosa
年齢:
35
性別:
男性
誕生日:
1984/08/10
職業:
研修中
趣味:
音楽鑑賞 競馬観戦
フリーエリア
ブログ内検索
カレンダー
11 2019/12 01
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新TB
(09/09)
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]