忍者ブログ
趣味である音楽(主にメタル)や競馬に関するブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

二律背反_Antinomie_の館.jpg










A Little Magic / 二律背反_Antinomie_の館
2011
同人, Melodic Speed Metal




同人メロディック・スピードメタルによる作品
5150、Kissing the Mirrorのメンバーがギターとして参加、
Knights of RoundのYazin氏がプロデューサーを務めています。
ジャケットからもわかるように初音ミクをVo.として起用


1. 真っ暗闇へようこそ はどこかファンタジックで浮世離れした1曲
ゴシカルなノリなんかも感じさせつつ、メロウなツインリードギターも主張

2. 機械人形 は美旋律シンセを纏いつつ疾走へ
この辺りは北欧産のメロディック・スピードメタルからの影響を感じさせます。
16分メロスピ的刻みをバックに憂いを帯びた歌唱が乗ります。
ギターソロは龍5150氏が担当

3. 天使が泣いている は厳かなムード漂うイントロから、
アグレッシブなドラムと共に疾走へ
随所に散りばめられたエモーショナルなリードギター

4. 愛玩少女 は煌びやかなシンセによるイントロから始まります。
ネオクラシカルなギターソロを担当しているのはKissing the Mirrorの人ですね。

6. 未確認知性体 はスペーシーなシンセの音から始まり曲名に合った音に感じます。
更にどこか懐かしさを帯びたシンセも登場する短めのインスト曲


全編に渡ってフィーチュアされた初音ミクによるVo.のせいか、
大分無機質なサウンドに感じられます。
調教自体はかなり上手く、スムーズな歌唱を聴かせてくれています。
煌びやかな音による美旋律を放つシンセを主体にしつつ、
メロディック・スピードメタル然と言えるほどの疾走感はあまりなく、
そのゴシカルでダークな雰囲気重視の楽曲が多いでしょうか。
どこか後ろ向きな曲名が示している様に、
全編に渡ってどこか影を落としたようなサウンドに感じられますね。
泣きの要素を含んだエモーショナルなギター、ネオクラシカルなプレイを見せるギターも、
ソロでこそ主張しますが、他の場面ではあまり前面には出てきません。
あまりメタルを聴いているという感覚は抱きませんでした。

参加メンバー、Knights of RoundのYazin氏がプロデューサーを務めていることから、
勝手に激烈でドラマティックなメロディック・スピードメタルを期待すると肩透かしかも・・・
あとやはりボーカロイドは慣れません・・・
その辺り受け入れられる方じゃないと楽しめないかもしれませんね。
満足度は68点くらいでしょうか。


1. 真っ暗闇へようこそ
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
Mosa
年齢:
32
性別:
男性
誕生日:
1984/08/10
職業:
研修中
趣味:
音楽鑑賞 競馬観戦
フリーエリア
ブログ内検索
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新TB
(09/09)
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]