忍者ブログ
趣味である音楽(主にメタル)や競馬に関するブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Never get away from HEAVY METAL.jpg










Icarus'cry / Never get away from HEAVY METAL
2011
同人 , 東方アレンジ , Melodic Power/Speed Metal




Unlucky Morpheus の技巧派ギタリスト平野幸村氏率いる
メロスピプロジェクト通称「いくら」の3rdフル、Vo.は電子レンジ剛志氏が担当


1. Never get away from HEAVY METAL はインスト曲
原曲をシンプルに活かしたアレンジですね。

2. stunning edge は様式美的単音リフに、ネオ・クラシカルなギターソロが炸裂する
王道チューンになっていますが、サビの歌メロがかなりPOPです。

3. Invisible Intimidation は原曲の妖しい空気感をうまく封じ込めたアレンジ
サビの重厚なコーラス、大仰な歌い回しが良いですね。

4. Witches' dance party は緊迫感溢れる技巧的なインストチューン
これまたネオ・クラシカルなアレンジです。

5. Inside of me はピアノを主体にしたバラード
エモーショナルの限りを尽くした電子レンジ剛志氏のVo.が炸裂
綺麗なアレンジですね。

6. ユメタガエ  は憂いを帯びた中にも爽やかさ漂う1曲
前半のダークな様式美、ネオ・クラシカルなテイストが嘘のようです。

7. 大遅刻魔術 は軽快なノリで突き進む中、
ベースソロなんかもあります。後半の曲はポップですね。

8, 9曲目はUnlucky Morpheusの曲をコチラのバンド名義で録ったもの
電子レンジ剛志氏の限界ギリギリ、スリリングな歌唱を堪能できます。


Unlucky Morpheus の方は、ストレートなメロディック・スピードメタルに留まらず、
和風なへヴィー・メタル、更にはフュージョン寄りのインストまで手掛けていますが、
コチラは基本的に王道メロディック・スピードメタルを貫いており、
差別化が図られているという印象を受けます。
まあ、メロスパーとしては嬉しいところ

序盤はコテコテなまでの様式美、ネオ・クラシカルアレンジにクラクラ・・・
様式美的単音リフ、テクニカルでスリリングなギターソロ、シュレッドから、
キーボードとのユニゾンプレイは王道中の王道でしょうか。
中心人物、平野氏のテクニカルなギタープレイは勿論のこと、
原曲を活かしたアレンジにも好感が持てますね。
一転して、後半の曲は割とポップな曲が並んでおり、
ネオクラ至上主義な方には尻すぼみに感じられるかもしれません。

もう一人の主役、電子レンジ剛志氏 の歌唱ですが、
はじめて聴いたころはクセのあるVo.で好き嫌いが分かれそうと思っていました。
今では結構好きになり、このクセも楽しめるようになりました。
何故かライヴDVDを見てカッコいいと思えた部分もw


Unlucky Morpheus関連作品を好む方なら安定のデキかと思います。
満足度は83点くらいでしょうか。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
Mosa
年齢:
32
性別:
男性
誕生日:
1984/08/10
職業:
研修中
趣味:
音楽鑑賞 競馬観戦
フリーエリア
ブログ内検索
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新TB
(09/09)
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]