忍者ブログ
趣味である音楽(主にメタル)や競馬に関するブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Crying Destiny.jpg


 







IRON ATTACK ! / Crying Destiny
2009
同人 , 東方アレンジ , Heavy Metal

 



国産メタルバンドLightningのギタリストであるIron Chino氏による同人作品
凄まじいペースで同人作品をリリースしてますね。
今回は女性ヴォーカルを取り入れた作風となっています。


1. Getting Lost Roses はお約束の短めのインスト
モダンさ漂うリフの後に、慟哭のリードギターが登場し期待が高まります。

2. True Ever Rose はヘヴィーでダークなイントロから一転し、
勢いよく疾走するドラムなどプロダクションの向上が感じられる一方で、
まいなすいょん氏によるVo.は初めて聴きましたが、歌い方のクセのせいか・・・
ソロは安心の内容で、アレンジも原曲に忠実です。

3. Le "DEVIL" rouge de Ville はゴリゴリ刻むリフから、
程よいシンフォさ漂うアレンジで展開していきます。

4. Moon Phase はアコギによる叙情的なイントロからはじまり、
モダンヘヴィネスさながらのリフが突如登場したり、今までにはない作風です。
スローに進んでいく分、その重厚さがヒシヒシと感じられますね。

5. Over the Rainbow はピアノ主体のバラード
この曲だけ まいなすいょん氏によるものみたいです。

6. Aeternitas Ludology はイントロからしてIron Attack!的キラーチューンの空気が・・・
Dark Moorにも通じるクサクサKey.に慟哭のギターが突き刺さり、
やっぱこういうストレートな疾走曲にはグッとくるものがあります。
一瞬クラシカルなペダル奏法に突入と見せかけて、実はフェイントなソロもナイス
そんなこと考えているのは、私だけかもしれませんがw
後半のソロはエモーショナルに弾き倒しており、非常にカッコ良し!!


リリースペースは速いものの、相変わらずの内容、クオリティーを誇っています。
ギターオリエンテッドな正統派メタルをベースとしつつ、
モダン・ヘヴィネスの様な重厚なリフ、クサクサなメロディー、
アコギ等を用いた叙情的なパート、シンフォニックで大仰な展開などなど・・・
今までの作品の集大成と言える内容だと思います。
そして、本作はヴォーカル入りの歌モノということですが、
キャッチーかつ原作に忠実なアレンジとなっています。
まいなすいょん と言う方のVo.は初めて聴きましたが、
若干癖のある歌い方で私には合いませんでした・・・
前々作での暑苦しい男Vo.の方が好みです。
そして、選曲ですがラスボスやEXのボスなどのBGMが多く、
人気曲(おそらく...)多目なので私の様なニワカシューターには嬉しい内容です。
Iron Chino氏のギターは流石で、テクニカルでありながら、
感情の赴くままに弾きまくる6. Aeternitas Ludology のソロなんか素晴らしかったです。
アートワークもどんどん良くなってますね。
満足度は74点くらいでしょうか。


6. Aeternitas Ludology

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
Mosa
年齢:
33
性別:
男性
誕生日:
1984/08/10
職業:
研修中
趣味:
音楽鑑賞 競馬観戦
フリーエリア
ブログ内検索
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新TB
(09/09)
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]