忍者ブログ
趣味である音楽(主にメタル)や競馬に関するブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

SPARKING!.jpg










IRON ATTACK ! / SPARKING!
2009
同人 , 東方アレンジ , Heavy Metal




国産メタルバンドLightningのギタリストであるIron Chino氏による同人作品
上海アリス幻樂団のアレンジを収録しており、今回はボーカル入りが2曲あります。


1. Shrine Capricci はいかにもオープニングな1分強のインスト
FFのクリスタルっぽい鍵盤が美しく印象的です。

2. Sparking はボーカル入りの曲
ボーカルを務めるのはLightningの初代シンガーJUN氏
シャウトからXの様にドコドコとしたドラムと共に疾走します。
ボーカルは若干ガナリ気味の熱い歌唱で、
日本語詞のせいかメタルと言うより暑苦しいアニソンにも聴こえます。

3. Never die, to the moon からはしばらくインスト
ネオクラ気味のギターで幕を開けるも、突如アコギが挿入されたりします。

4. Temple of Ghost はゴリゴリいうベースからはじまり、
またもやXの様にドコドコと疾走します。
ギターソロがやけに熱く、泣きのプレイも少し顔を覗かせます。

5. a little magician はツインリードによるギターのハモリが心地よい曲
クサメロを散布しつつ疾走します。

6. Arpeggio from High and Low は鍵盤の音が一昔前の様式美の様です。

7. Rain in Vain は2つ目のボーカル入り曲
The Stahlとクレジットされてますが、ボーカルはIron Chino氏らしいです。
リフが一瞬Eagle Fly Freeかと思いますが、そうでもないか・・・
ボーカルは男らしく野太い中音域が中々カッコ良いです。
高音域になると若干苦しそうですが、それもイイ感じw


エッジの利いたギターによるメタリックな東方アレンジといった感じでしょうか。
いつもはインスト曲オンリーみたいですが、
Iron Chino氏にも色々と思うところがあったようで、本作は2曲が歌入りです。
やはり、その歌入りの2曲が強く印象に残っており、
歌入りだからといって違和感もほとんど感じませんでした。
疾走パート多めで、疾走の仕方がXっぽいと感じた部分もあります。
ネオクラ臭漂うテクニカルなプレイから、
クサメロ漂う泣きのフレーズまで楽しめ、
彼の過去作が気に入った方は恐らく楽しめるのではないのでしょうか。
満足度は80点くらいですかね。


2. Sparking
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
Mosa
年齢:
32
性別:
男性
誕生日:
1984/08/10
職業:
研修中
趣味:
音楽鑑賞 競馬観戦
フリーエリア
ブログ内検索
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新TB
(09/09)
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]