忍者ブログ
趣味である音楽(主にメタル)や競馬に関するブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

極鉄.jpg










Undead Corporation / 極鉄
2010
同人 , 東方アレンジ , Melodic Death Metal




Unlucky Morpheus, Icarus'cry でも活躍するギタリスト、平野幸村氏と
デスメタル伝道師、パインツリー氏によるメロディック・デスメタルプロジェクトの3rd


1. Bleed,hate,curse,and die はノイズ混じりの古ぼけた音像でスタート
ヘヴィーさを表に出したリフからブラストビートと咆哮で疾走
デスラッシー張りに疾走していくリフに獰猛な咆哮とかなりアグレッシヴ

2. Hate 2 love も疾走感溢れるリフが心地よく、
クリーンボイス、リードギターの挿入部には原曲の面影を見出すことができますが、
ほとんどオリジナルみたいなもんに聴こえますw

3. Frozen はタイトル通り凍てついたシンセの挿入が印象的

4. Under the scarlet sky pt,1 は古びたオルゴールを連想させるインスト曲
激しい音が立て続けだったので小休止てきな一曲でしょうか。

6. This is war もデスラッシュ張りの突進力を備えたリフに、
東方の原曲を生かしたリードギターが絡んでいきます。

7. Put all bitch to death はまさに絶叫といったVo.とブラストビートによる
エクストリームな出だしから、Ebony Tearsを彷彿とさせるリフで突進

8. Under the scarlet sky pt,2 も4曲目同様のインスト曲
不自然なくらいの静けさが独特の余韻を残しつつ最後の曲へ・・・

9. Slash your mind は前作同様女性Vo.をフィーチュア
こういうアレンジを聴くとシンフォニック・ブラックアレンジなんかも聴いてみたくなります。


1stは北欧、特にスウェーデン直系のメロディック・デスメタル
2ndは女性Vo.をフィーチュアしたモダンなメロディック・デスメタルと、
短いスパンながら変化に富んだ作風を見せる彼らですが、
3作目に当たる本作ではよりヘヴィーさ、
アグレッシヴさを前面に押し出した作風になってます。
正にタイトルの「極鉄」、帯の脅し文句(?)に違わぬ内容ですね。

デスラッシュ張りの突進力溢れるリフと、
ブラストビートを交えたアグレッシヴな疾走パートが演出するアグレッシヴさは、全作中随一
東方アレンジという形を取っていながら、
原曲の面影は各リードギターやクリーンボイス、コーラスに残る程度
平野氏による咆哮系Vo.も作を重ねるごとにどんどん良くなっていますね。
過去作でもみられたクリーン系のコーラスも登場
当然ギターソロは流石の一言で溜息ものですね・・・
流麗極まりないレガート主体のプレイは憧れます。

現時点では1stが1番好きで次に気に入っている作品です。
1stから意図的かはわかりませんが、作風に変化を付けてきている気がするので、
次はどんな作品になるのか楽しみでなりません。
満足度は86点くらいでしょうか。


7. Put all bitch to death
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
Mosa
年齢:
33
性別:
男性
誕生日:
1984/08/10
職業:
研修中
趣味:
音楽鑑賞 競馬観戦
フリーエリア
ブログ内検索
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新TB
(09/09)
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]