忍者ブログ
趣味である音楽(主にメタル)や競馬に関するブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Liberation.jpg










1349 / Liberation
2003
Black Metal




ノルウェー産ブラックメタルの1stフル
Satyricon等でお馴染の剛腕ドラマーFrostが在籍していることでも有名


1. Manifest は不吉なノイズによるイントロから、
カラカラと乾いた音色の超速ドラミング、
ノルウェー産らしい殺伐としたリフワークを主軸に進行
歪み過ぎて潰れてしまった様なこのギターの音質から来る殺気は異常・・・

2. I Breathe Spears では終盤の小休止の後、
まだまだイケるぜ!と言わんばかりのラストスパートを見せ爆走、呆気にとられます・・・

3. Riders of the Apocalypse はロック的というか比較的わかりやすいリフでスタート
割と肉厚、ドッシリとしたリフを引き連れ、ノリノリなリズムも垣間見せます。

4. Deathmarch は短めのインスト
テンション高かった前3曲の後、これでも聴いて落ち着けということでしょうか。

5. Pitch Black もFrostの驚異的な瞬発力、持続力をまじまじと見せつけられる1曲
イントロの殺伐としたギターも最高にカッコいいですね。

6. Satanic Propaganda は怪しげなギター、ベースによるムーディーなイントロ
本作の中でも異彩を放つ1曲ですがやはりカッコ良しです。

7. Legion はハーモニクス音を交えた荒々しいリフワークを引き連れ疾走

9. Liberation はチリチリと邪悪なギターによるイントロがMayhemを想起させます。
後の殺伐としたタム回しも印象的ですね。
終盤はダーク・アンビエント的な幕切れを見せ、一端本作の終わりを告げます。

10. Buried By Time and Dust はMayhemのカバー
この追い立てられる様なリフワークに、Frost氏の超人ドラム・・・
カッコいいカバーになってますね。 


あのFrost氏が参加しているということもあってか、
どうしてもドラムに耳が行ってしまう場面も多かったですが、
このいかにもノルウェー産な空気を醸し出すギターの音色もタダならぬことになっています。
歪みまくった極悪なトーンは、安易に音質を悪くしただけの作品との格の違いを感じさせ、
近寄り難ささえ漂いますね。そこそこメロディックさもあるものの、
この近づくと怪我しそうな殺伐とした雰囲気のせいか、それらしさが薄まっている様な・・・
Frost氏のドラミングですが、手数足数の多い非人間的ドラミングは流石で、
ブラストビートの瞬発力、持久力の凄さ、まだいけるぜと言わんばかりに加速していく様には
呆気に取れれる場面もしばしば・・・
Vo.もこのテンション高い楽曲群にあった歌唱を見せ奮闘

後にリリースされていく作品に比べると音質も悪いですが、
この荒々しさに魅力を感じる方も多いのではないでしょうか。
どうしてもFrostのドラムが存在感大きく映ってしまいますが、
このチリチリとしたギターが織りなす王道ノルウェイジャン・ブラックの空気感も見事

ノルウェー産のブラックメタル、Zyklon-Bなんかを好む方に薦めたい作品です。
満足度は90点くらいでしょうか。
 

5. Pitch Black
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
Mosa
年齢:
35
性別:
男性
誕生日:
1984/08/10
職業:
研修中
趣味:
音楽鑑賞 競馬観戦
フリーエリア
ブログ内検索
カレンダー
11 2019/12 01
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新TB
(09/09)
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]