忍者ブログ
趣味である音楽(主にメタル)や競馬に関するブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Abyssmal Sorrow.jpg










Abyssmal Sorrow / Abyssmal Sorrow
2007
Black Metal , Funeral Doom




オーストラリア産ブラックメタル、フューネラル・ドゥームの3曲入りEP


1. Rotten はノイジーでどんよりと陰気な気分にさせてくれるリフが、
焦土と化した大地でやるせなく立ち尽くしているかの様な情景を思わせます。
突如ノイジーなギターが止んだりと、聴き手を引きつける展開も効果的ですね。

3. In Misery There Can Be Comfort は本作随一のキラーチューン
メロディックになり過ぎない程度に程よく哀愁、儚さを感じさせるミニマルなリフ
最早、壮絶の域にまで迫りつつある慟哭ヴォーカル
中盤以降少しテンポが上がったりと、色々と展開していきます。
 

全3曲ながら収録時間は30分を超えてます。
このジャンルからすると特別長いわけでもないですが・・・w
フューネラル・ドゥームらしく贅肉を削ぎ落した遅めのリズム、
激重とまではいかないまでも、重苦しくどんよりと暗いリフがミニマルに垂れ流され、
低音域でガナるヴォーカルが切なげに咽び泣く様に聴こえてきます。
Worshipなどの正統派フューネラル・ドゥームの様でありながら、
時折猛烈な哀愁というか儚く切なげなメロディーに胸を締め付けられます・・・
そのメロディーがフッと入ってくるタイミングも素晴らしく、
1曲辺り10分前後という長さも気にならない内容でした。
しかし、それほどあからさまにメロディーで押してくるわけではない所が素晴らしいです。
Vo.も硬派な中低音ガナリ声主体の歌唱でありながら、
これほどエモーショナルに歌いこなせているのは凄いです・・・
特に3. In Misery There Can Be Comfortは壮絶・・・
Worship , Mournful Congregation などのフューネラル・ドゥームが好きな方は是非!
と薦めたくなる作品です。
満足度は89点くらいでしょうか。オーストラリアすげえ・・・
アートワークも怪しさ満点


1stフルも買わねば・・・
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
Mosa
年齢:
32
性別:
男性
誕生日:
1984/08/10
職業:
研修中
趣味:
音楽鑑賞 競馬観戦
フリーエリア
ブログ内検索
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新TB
(09/09)
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]