忍者ブログ
趣味である音楽(主にメタル)や競馬に関するブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Sanctus Ignis.jpg










Adagio / Sanctus Ignis
2001
Progressive , Neo-Classical




フランス人ギタリストStephan Forteが中心となったプロジェクトによる1stフル
ボーカルはPink Cream 69のDavid Readman、
ドラムはElegyのDirk Bruinenberg,
キーボードは鍵盤魔人ことRichard Andersson,
ベースのFranck HermannyはStephanの友人とのこと


荘厳なコーラスではじまる1. Second Sightからして、
Stephan Forteのギタリストとしてだけではなく、
作曲家としての魅力が満載です。

3. In Nomine...はおそらくAdagioの人気曲
イントロで聴ける荘厳かつ優雅なキーボードが印象的
David Readmanが歌うキャッチーな歌メロが曲をより聴きやすいものにしてます。
ソロはギターとキーボードのスリリングな掛合いが聴けます。

4. The Stringless Violinはピアノの音が最高です。
歌メロではなくそちらに耳が行くこともしばしば
ソロでは負けじと流麗に弾きまくるギターも登場し、
プログレ臭漂うネオクラが好きな人なら気に入るであろう1曲

5. Seven Lands of Sinは10分超の大曲
映画のサントラの如き大仰なイントロで始まります。
まさにSymphony Xの大曲を想像させる展開

6. Sanctus Ignisはイントロでギターとキーボードがクサメロを奏でるも、
歌メロが始まるとDavid Readmanの独壇場
とくにサビでは、よくあのキーをこの声で歌えるよなあ・・・
歌モノ好きとしては悶えずにはいられないです。


とまあ、Symphony X的なプログレ、ネオクラ臭満載の楽曲が目白押しで、
歌メロは極めてキャッチーなので聴きやすいです。
また、1曲を除いて5~7分程度にコンパクトに収まってます。

David Readmanによるボーカルですが、
Pink Cream 69でのポップでソフトな歌唱とはまるで別人です。
僅かにハスキーな声質は極めて魅力的で、
高音域でも中音域とそれほど声が変わって聴こえないのは凄い・・・
個人的にはこのスタイルの方が全然好きw

また、Stephan Forteは上手いだけではなく、
彼による楽曲の充実さにも目を見張るものがあります。
それでいて、ギターばかりが主張するわけでもなく、
というか寧ろキーボードの方が目立ってないか?と思えるほど。
その辺はRichard Anderssonだからかw?
リズム隊もテクニシャンで、私はよくわからないのですが、
ベースはかなりの腕前だとか
満足度は91点くらいでしょうか。

なお、2009年に新作が出るようです。
この当時とはだいぶメンバーが変わってますね。


3. In Nomine...
6. Sanctus Ignis
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
Mosa
年齢:
33
性別:
男性
誕生日:
1984/08/10
職業:
研修中
趣味:
音楽鑑賞 競馬観戦
フリーエリア
ブログ内検索
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新TB
(09/09)
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]