忍者ブログ
趣味である音楽(主にメタル)や競馬に関するブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Underworld.jpg










Adagio / Underworld
2003
Progressive , Neo-Classical




フランス人ギタリストStephan Forteによるプロジェクトの2nd
前作でキーボードを務めていたRichard Anderssonに代わって、
Kevin Codfertと言う人が参加することに


1. Next Profundisは不思議なイントロからはじまり、
即座にプログレッシブな世界に引きずり込まれます。
鐘の音?のSEを用いたり、ピアノによる美旋律を用いたりしていて、
荘厳な印象を与えるあたりも1stと同様です。

2. Introïtus/Solvet Saeclum in Fadillaは所々に
重厚なコーラスが配されていて、シンフォニックメタルさながらの大仰さ
スぺーシーなキーボード、
サビに向かって駆け上がっていくギターとキーボードのユニゾンに悶絶

3. Chosenはソロで新メンバーKevin Codfertのプレイがフィーチュアされてます。
意図的なのかはわかりませんが、前任のRichard Anderssonを感じさせるところも

4. From My Sleep... to Someone Elseは、
同郷のシンフォニック・ブラックメタルバンドAnorexia Nervosaのシンガーをゲストに迎え、
邪悪な咆哮と共にブラストで駆け抜ける部分も(ほんの数秒ですがw)
Stephan Forteは色んな音楽に興味を持っているみたいですね。

6. Promissesはバラード
David Readmanのメロウな歌唱に悶絶
ボーカルのパートが少ないのが少々残念ではあります。
しかし、前作でこういうバラードはなかったので新鮮です。


前作に比べて、長尺の曲が多くなり、
インストパートの比重が大きくなってます。
よりダークでプログレッシブになっていて、聴きやすさは減退したかもしれません。
しかし、歌メロは極めてキャッチーでDavid Readmanも相変わらず見事です。
そして何より楽曲の充実っぷりが凄まじく、
並のバンドのだったら、どの曲もキラーチューンになるに値するデキで、
作曲面でのセンスも素晴らしいものがありますね。
新任のKevin Codfertも前任に劣らず良い仕事してます。
というか、個人的には新任者のピアノの音が好みです。
それと、Stephan Forteはもう少し自己主張してもいいんじゃないかw?
と思えてしまうほど、謙虚だなあと感じました。
満足度は94点くらいですかね。


1. Next Profundis
6. Promisses
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
Mosa
年齢:
33
性別:
男性
誕生日:
1984/08/10
職業:
研修中
趣味:
音楽鑑賞 競馬観戦
フリーエリア
ブログ内検索
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新TB
(09/09)
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]