忍者ブログ
趣味である音楽(主にメタル)や競馬に関するブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Alatyr.jpg










Alatyr / Alatyr
2007
Black Metal




スロバキア産2人組ブラックメタルバンドによる1stフル
1000枚限定のようです。


1. Alatyr (Intro) はアンビエント風のインスト
笛、カモメの鳴き声、水の流れる音などを用いており、自然を感じさせます。
これだけ聴くと中国のZuriaakeに似てるかも・・・

2. Burka はいきなり断末魔の様なイカレボーカルが炸裂します。
ただジャリジャリ・ザーザーとノイジーな演奏が始まってからは
ボーカルは割と埋もれ気味に聞こえるので、そんなに気になりませんね。

3. Popol もジャリジャリなギターによる陰鬱で物悲しいアルペジオ、リフを伴いつつ
スロー~ミドルテンポで進んでいく楽曲になってます。
リズミカルに叩かれるスネアが少し心地よいです。

4. Priepast は前曲までと比較するとメロディーがハッキリしているように感じられ、
アトモスフェリックに包み込んでくるようなKeyが美しい曲

5. Hviezdy はどこか不思議な感じのするKeyが印象的です。
というかこのバンドKey2人いるんですね。

7. Transylvanian Hunger (Darkthrone cover)はご存じ大御所の名曲カヴァー
前曲までの流れをほぼぶった切るような感じになってます。何故この曲?
Keyはこの曲には要らん気もします。


スロー~ミドルテンポ主体でゆったりと進んでいき、
ザーザーとノイジーなギターによる陰鬱で物悲しいアルペジオ・リフが押し寄せます。
また、メンバー2人が両方ともKeyを担当しており、
特に後半(4曲目以降)でアトモスフェリックな演奏を楽しむことができますね。
またボーカルはデプレッシブ・ブラック勢らしい高音イカレボーカルです。
ただ、演奏の方に埋もれ気味に聞こえました。
そんなわけですので、全曲ほぼインストの様な感覚で聴いてました。
また1曲目の様にアンビエント要素を感じさせる部分もあり、
その辺は中国のZuriaakeみたいだと感じましたが、違うか・・・w
満足度は71点くらいですかね。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
Mosa
年齢:
32
性別:
男性
誕生日:
1984/08/10
職業:
研修中
趣味:
音楽鑑賞 競馬観戦
フリーエリア
ブログ内検索
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新TB
(09/09)
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]