忍者ブログ
趣味である音楽(主にメタル)や競馬に関するブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Nous Reviendrons Immortels.jpg










Aldaaron / Nous Reviendrons Immortels
2010
Black Metal




フランス産ブラックメタルの1stフル


1. Intro は荒涼感あるギター、冷やかなシンセが良いアクセントになったインスト
期待感を募らせますね。

2. Seigneur De L'hiver は音圧のあるツーバスと共に疾走する中、
割とクリアな音質のギターによるストレートなトレモロ、
Evilなガナリ声と朗々としたクリーンボイスらによるドラマティックな曲
ペイガン、フォーク的な1面も顔を出します。

3. Instrumentale は寂しげなアルペジオを用いた短めのインスト

4. En Route Vers La Bataille は荒涼としたリフ、
ペイガン、勇壮なノリを演出するドラムが印象的な1曲

5. Nirnaeth Arnoediad Part 1 はブラックメタル特有の邪悪さというよりは、
勇壮さが際立ったカッコ良い1曲
アコギ等の挿入の仕方も渋く、本作でも気に入っている曲です。
中盤の荘厳さ溢れるパートも耳に残りますね。

6. Nirnaeth Arnoediad Part 2 はアコギと冷やかなシンセが登場
更にTyrant 辺りを彷彿とさせるリードギター、ソロまで顔を出します。

8. Propheties は本作のラストを告げる
男らしい泣きのトレモロリフをフィーチュアした1曲です。
シンバル等暴れまわるドラムも荒々しく高揚感を煽りますね。


勇ましさを滲ませたペイガンなノリを感じさせるブラックメタル
中々に音圧のあるドラムが演出する疾走感に、
適度な荒涼感を伴うストレートなトレモロリフが乗ります。
ブラックメタルらしい邪悪さ、禍々しさといったものはほとんど感じられず、
ましてやフレンチ特有の気色悪さ、耽美さは皆無
勇壮さを適度に滲ませたメロディックなリフで突っ走ります。
また、そんな中にも胸を締め付ける哀愁の漂う展開なんかも盛り込み、
ドラマティックな楽曲が多くを占めていますね。
アコギによるフォークテイスト漂うパートや、
冷やかなシンセもアクセント程度ですが出番があります。
Evilなガナリ声と朗々としたクリーンボイス両刀使いのVo.も楽曲に合っており、
一種の近寄り難さを感じさせる神秘性、荘厳ささえ漂わせていますね。

メロディックなブラックメタルを好む方なら気に入るかもしれません。
満足度は82点くらいでしょうか。


myspace
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
Mosa
年齢:
32
性別:
男性
誕生日:
1984/08/10
職業:
研修中
趣味:
音楽鑑賞 競馬観戦
フリーエリア
ブログ内検索
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新TB
(09/09)
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]