忍者ブログ
趣味である音楽(主にメタル)や競馬に関するブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Amazing Maze.jpg










Amazing Maze / Amazing Maze
2007
Melodic Power/Speed Metal




イタリア産メロパワ・メロスピバンドによる1stフル
Labyrinthのメンバーによる初期路線への原点回帰を意図しているらしいです。
メンバーの名前も昔の表記になってます。


風が吹き荒れる1. Intro はインスト曲で、
セリフによる荘厳な流れが、何ともシンフォニックなメタルの導入っぽいです。

2. Pray! は1曲目の受け継いだイントロから始まる疾走曲
サビが非常に親しみやすいメロディーです。
正直歌メロ以外あまり印象に残りませんでした・・・

3. The Struggleはギターリフが耳につく曲で、
ソロではメロディックなギターの掛合いが展開されています。

4. Live Or Dieは緊迫したイントロから始まる疾走曲で、
クサめのギター、歌メロの存在がクサメタラー受けしそうです。
間奏前の、Rob Tyrantによるロングトーンが凄まじい・・・どうなってんだw

5. Angel Witchはカヴァーとのことですが、
原曲を知らない私は、全然違和感を感じませんでした。

6. Fast And Dangerousはタイトル通りの疾走曲で、
ドコドコ疾走するツーバスに、
出だしから飛ばしまくるRob Tyrantのハイトーンが凄い・・・
でも、Labyrinthの音源に比べたら声が細くなっている気がします。
キーパー時代のHelloween的なギターも聴けます。

9. The King Of Painは確かに初期Labyrinthを感じる1曲
ギターとキーボードのスリリングな演奏が挿入されてます。

10. I Am The Lawは疾走多めの楽曲の中で、
アコギ、笛によるフォーク的なメロディーを取り入れた曲です。

12. Come Back To Meはバラード
ギターのエモーショナルなプレイ、ピアノの郷愁に満ちた演奏が切ないです。


ほとんどが疾走曲になっており、
初期Labyrinthが好きな人なら気に入るかもしれない作品です。
でも、聴き終わってみるとそんなに印象に残りませんでした。
飛び抜けたキラーチューンの存在がないからかもしれません。
それにしても、Vo. Rob Tyrantは上手いですね。
クサメロを歌わせたらこの人に敵う人はいないのではないか?
と個人的には思っています。
シンフォニックなシンセは結構奮闘しているように思いましたが、
ギターはあまり活躍していないように感じましたね。
Labyrinth共々、今後はどうなっていくのでしょうか?
満足度は69点くらいでしょうか。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
Mosa
年齢:
33
性別:
男性
誕生日:
1984/08/10
職業:
研修中
趣味:
音楽鑑賞 競馬観戦
フリーエリア
ブログ内検索
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新TB
(09/09)
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]