忍者ブログ
趣味である音楽(主にメタル)や競馬に関するブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Amduscias.jpg










Amduscias / Amduscias
1998
Black Metal



今は亡き国産ブラックメタルの6曲入りEP


1. The Dragon Domination は暴風の後、The Hellion を思わせるリードギター、
スタスタと走るドラム、情念を絞り出すようなガナリ声Vo.が押し寄せます。
北欧の叙情派メロディック・デスメタル勢にも通じるメロディーがツボ

2. The Cursed Destiny はコールドなトレモロリフ主体で突き進む
ストレートなスウェディッシュ・ブラックなスタイルでしょうか。
コールドなギターの音が身に沁みます・・・
ホンノリ暗黒耽美系フレンチ風味を滲ませる辺りも憎いです。
ラストはアコギによる寂しげな幕切れ

3. Hell on Earth はどんよりとダークな空気を押しつけるリフに、
怪しげなリードギターが絡むイントロから、直球のトレモロリフへ
大分メロディックで聴きやすいかもしれません。

4. Dominion of Darkness はノルウェイジャン・ブラック的なリフで突き進み、
ピリピリと張り詰める緊張感、高音で掻き鳴らされるギターソロが心地よいですね。

5. Sacrifices Within Me 派手に跳ねまわる様なトレモロリフがドラマティックです。
Dissection を彷彿とさせる暗く叙情的なリードギターもカッコ良し


スカンジナビアの王道ブラックを思わせる作風で、
最近の国産ブラック特有の“国産っぽさ”はほとんど感じられません。
Cataplexy と並んで国産ブラックの優等生的存在でしょうか。
コールドなギターによる身を切る様なトレモロ主体のリフ、
そこへ叙情的なメロディーを奏でるリードギターが被さる様は、
スウェーデン産の叙情派ブラックメタル、初期メロディック・デスメタルを思わせます。
また、高音で掻き鳴らされるギターソロの出番もあります。
それほど疾走感は感じさせない楽曲ながらも、凍てついた空気を上手く演出しており、
そんな中にもほんのりと暗黒耽美・メランコリックな音を詰め込んできます。
Vo.は情念を絞り出すようなガナリ声Vo.、非常に硬派で好感が持てますね。

メロディック・ブラックファンからプリミティヴ・ブラックファンまで広く薦められそうな作品
フルでも聴いてみたかったバンドの一つです。
満足度は84点くらいでしょうか。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
Mosa
年齢:
32
性別:
男性
誕生日:
1984/08/10
職業:
研修中
趣味:
音楽鑑賞 競馬観戦
フリーエリア
ブログ内検索
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新TB
(09/09)
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]