忍者ブログ
趣味である音楽(主にメタル)や競馬に関するブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Everything.jpg


An Autumn for Crippled Children / Everything
2011
Black Metal




オランダ産ブラックメタルの2ndフル


1. Forever Never Fails はFen的なイントロから、
絶叫と共に瑞々しいシンセが哀愁を振りまいていきます。
温かみのあるベースラインも分厚くて素敵

3. Absence of Contrast は神秘的なシンセ、
クリーントーンによるトレモロが尾を引いていく様に余韻を残す美しい曲
終盤のメランコリックの髄を極めたパートに悶絶・・・

4. We All Fall はAlcest的なクリーントーンでスタート
どこか近未来的な装飾を施すシンセが斬新に感じられます。
退廃的なメロディーでありながらも美しさを感じさせますね。

6. Her Dress as a Poem, Her Death as the Night は
若干ドゥーム的な色合いのある曲
Mournful Congregation辺りを思わせる美メロドゥームに通じます。

7. I Am The Veil は神秘的なシンセによる出だしで、
ポストロック的な躍動感溢れるリズム、アレンジが印象的
細かな感情を吐露するようなクリーンVo.も登場

8. Cold Spring はアップテンポな出だしから、
曲名、ジャケット通りの空気が広がる1曲
歌う様なベースラインが主張します。


ここ数年の間に増えたシューゲイザー影響下のブラックメタルの中でも、
クオリティーの高いデビューアルバムを発表したバンドの2ndアルバム
本作は更にシューゲイザー、ポスト・ロック的な色合いが濃くなっているでしょうか。

清々しいまでに澄み切ったクリーントーンと、
正に轟音といった耳障りのディストーションの効いたギターのコントラスト
と言っても、本作ではクリーントーンをフィーチュアした場面が多いですね。
そこへ瑞々しい生命の素晴らしさを主張する様なシンセが美しい装飾を加え、
前作で感じられたドゥーム的なものは薄くなった感じですね。
デジタルな装飾を施す場面もあり、そこjは違和感を感じたりもw
クリーントーンで奏でられるアトモスフェリック、爽やかなパートから、
唐突に歪みの効いたギターによる激情のトレモロ、
慟哭のVo.が繰り出される展開は王道ですね。
また、相変わらずベースの主張も多く、
温かみあるベースラインがメランコリックな色合いを増長

この手のシューゲイザー影響下のブラックメタル、
その中でもシューゲイザーの色合いが濃いものを求める方に薦めたい作品
満足度は81点くらいでしょうか。


3. Absence of Contrast
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
Mosa
年齢:
32
性別:
男性
誕生日:
1984/08/10
職業:
研修中
趣味:
音楽鑑賞 競馬観戦
フリーエリア
ブログ内検索
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新TB
(09/09)
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]