忍者ブログ
趣味である音楽(主にメタル)や競馬に関するブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

In the Constellation of the Black Widow.jpg










Anaal Nathrakh / In the Constellation of the Black Widow
2009
Black Metal




イギリス産変態インダストリアル・ブラックメタルバンドによる5thフル
前作は国内盤もリリースされましたが、今回は輸入盤を購入


1. In the Constellation of the Black Widow は化物の様な唸り声、
頭がイカれてしまった様なヒヨった声がまず登場
そこからハイテンションに爆走していきますが、やはり耳につくのは多彩なVo.
Ihsahnのような朗々としたクリーンボイスなんかも聴けます。
ブルータル・デスメタル勢を思わせる暴虐なギターソロもカッコ良いです。

2. I Am the Wrath of Gods and the Desolation of the Earth も
ド迫力な打ち込みドラムと共に爆走
中盤以降の阿鼻叫喚Vo.が凄まじいです・・・

3. More of Fire Than Blood はいきなり弾きまくりのギターが登場
デスメタル、グラインドコア勢の様な下水道寸前Vo.や、
エフェクトがかかったような声など目まぐるしいです。
それでいてギターリフ、サビの歌メロなんかは中々キャッチー

5. Terror in the Mind of God はタメを効かせたイントロから一気に爆走
ブラックメタルらしい冷やか・不穏なギターなんかも聴きどころ
メロディアスなギターソロも素敵です。

7. The Lucifer Effect はザクザクとしたリフが印象的で、
相変わらずアグレッションぶちまけ過ぎです・・・

9. Satanarchrist は再録曲
切なげなギターのメロディーが本作では若干浮いている気もしますが、
こういう曲も好きです。


最近の作品は最早ブラックメタルと呼べるのかよくわからなくなってますが、
本作は壮絶極まりない轟音が終始押し寄せてきます。
打ち込みによるドラムは薄っぺらさを微塵も感じさせず、
凄まじい音圧による人外ブラストビート、ツーバス疾走を爆風の様に放ってきます。
ブルータル・デスメタル、グラインド・コアの様なノリを見せる一方で、
ブラックメタルらしい冷やかで不穏な空気も上手く表現してますね。
冷酷なトレモロリフ、暴虐極まりないギターソロも主張していますが、
煩いドラムと多彩なVo.のせいか若干影が薄いかもしれません。
そのVo.は、ギャアギャア喧しく喚き散らすスタイルをメインとして、
下水道寸前低音Vo.、通常のガナリ声Vo. から、キャッチーなクリーンボイス、
エフェクトがかかったような声なんかも登場し、阿鼻叫喚ですね。
各曲2~4分台とコンパクトにまとまっており、アッサリ聴き通せてしまうのも凄いところ
ブラックメタルを聴かない方でも、
この凄まじいテンション、イカれVo.の凄味を感じ取れるかもしれませんね。
満足度は92点くらいでしょうか。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
Mosa
年齢:
32
性別:
男性
誕生日:
1984/08/10
職業:
研修中
趣味:
音楽鑑賞 競馬観戦
フリーエリア
ブログ内検索
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新TB
(09/09)
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]