忍者ブログ
趣味である音楽(主にメタル)や競馬に関するブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

States of Liberating Departure.jpg










Annthennath / States of Liberating Departure
2010
Black Metal




フランス産ブラックメタルの1stフル
Vo.は元Deathspell Omega、HirilornのShaxul が務めていることでも有名


3. Symbolic Awareness は中盤に落ち着きを見せるアトモスフェリックなパートへ突入
そしてやはり最後は爆走しつつ、ギターソロを挿入していくドラマティックなアウトロへ

4. Sexual Transcendence は暗くメロウに掻き鳴らされるトレモロのハーモニー、
そこへのリードギターの挿入が非常に美しい1曲
ダラダラと無気力気味のスローテンポ部は僅かながらDsOの4thのよう・・・違うかw

6. Electric Destiny は寒々しく疾走していく中、
もう失禁ものに泣き泣きのギターソロが挿入されクラクラ・・・

8. Atomic Demise はShaxul の悲しげ、感情を爆発させたVo.が印象的
それに呼応するようにメロウなトレモロ、ベースが重なっていきます。


以前のデモ音源ではフレンチ産らしい儚げでメロウなメロディック・ブラックを
演っている印象を受けましたが、本作ではより不穏な空気感を前面に押し出した作風に
感じることが多かったです。
音質の方もデモ音源から順調な飛躍を見せています。

ブラストビートを交えつつ迫力ある疾走パート、
唐突に訪れるアトモスフェリックなパートを巧みに展開していくという
中々一筋縄ではいかない楽曲が多いですね。
冷えに冷え切った冷徹なリフと共に突き進んでいく中に、
フッと挿入されるリードギターが物悲しさを演出
それだけに留まらずギターソロの比重もブラックメタルとしては多めですね。
Angmar の人がベースを務めている様ですが、
過去のデモ同様にメロディアスで背徳的なベースラインで主張
所々ギターより目立ってんじゃねえか、ってな塩梅です。
Vo.を務めるShaxul も流石の存在感を放ってますね。

過去のデモに比べると不穏な空気が充満しており、
違った印象を受けるかもしれませんが、物哀しげなリフ、メロディーも健在なので
過去作品を気に入った方も楽しめそうな作品
むしろコッチの方がバランスいいんじゃないか、という方もいそうです。
Angmar、Deathspell Omega などのフランス産ブラックメタルや、
Ofermod、Watain なんかのスウェーデン産ブラックメタルを好む方にお薦めしたい作品
満足度は87点くらいでしょうか。


myspace
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
Mosa
年齢:
33
性別:
男性
誕生日:
1984/08/10
職業:
研修中
趣味:
音楽鑑賞 競馬観戦
フリーエリア
ブログ内検索
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新TB
(09/09)
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]