忍者ブログ
趣味である音楽(主にメタル)や競馬に関するブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Gloria Satanae.jpeg










Arkha Sva / Gloria Satanae
2007
Black Metal




日本産ブラックメタルバンドの1stフル
各所で話題沸騰してますね。私も完全に後追いですが・・・
フレンチブラックの影響を受けているようです。


1. 49 Evil Spiritsの開始10秒から衝撃が走りました・・・
あぁ~ああ~あ~ああ、あぁあぁあ~ああ~あぁ~
と木霊する超高音ファルセットに意識を全て持ってかれました。
Vo.だけでなく悲哀漂うギターも素晴らしいです。

2. Down in Blaze and Painはギターリフからして名曲のオーラが感じられます。
切ないながらも、焦燥感に駆られるようなメロディーが癖になります。
Darkthroneっぽさも感じられるリフです。
3分過ぎで曲が終わったと思いきや、再開し、
Vo.は発狂したかのごとく高音で叫び散らしています。

呻き声が聴こえるインスト3. Chant IXをはさんで、
終盤でメロディアスかつ陰鬱なギターが挿入される4. The Malicious Eyeへ

7. Thy Baptismではクリーンボイスによる歌も聴けます。
中性的な声でオペラ的な歌い方にも聴こえます。
その直後には低音のガナリ声に切り替わるから凄い・・・

8. Gloria Satanaeは10分超えの大曲
ゆったりとしたリズムで始まり、
うねる様なギターに低音ガナリ声、高音スクリーム、超高音ファルセットが被さる展開へ
途中、荘厳なメロディーも取り入れつつ、ラストは絶叫で終了

9. Nameless Rebelliousはデモにも収録されている曲
音質がよりクリアになっています。
しかし、デモのザラついた音質、気味悪いことこの上ないスネアの音もいいです。


これは話題になるのも納得の内容です。
そのせいで私の様なキモい新参が出現することになったわけですが・・・

はじめはその壮絶極まりないVo.に意識を持っていかれましたが、
メロウで寒々しく不気味なギターリフ、それを支えるドラムも良い仕事をしています。
特に切なく邪悪に展開してゆくギターは魅力的です。
また、音質も曲、雰囲気に合っているように感じます。

フレンチブラック特有の気味の悪いブラックが
好きな人は気に入るのではないでしょうか?
後は変態ボーカルフェチの人にもオススメです。
低音のガナリ、中音域デスボイス、高音の絶叫、気味の悪いクリーンボイス
を巧みにシフト、スイッチさせるVo.に度肝を抜かれました。
非ブラックメタラー(メタルは聴く人)の友人に聴かせたら、やはり衝撃だったようです。
満足度は92点くらいでしょうか?


浅草エクストリーム凄い良かったようですね。
ボーカルは完璧だったとか・・・信じられないです。
是非とも行った方のお話を聞いてみたいものです。


1. 49 Evil Spirits
2. Down in Blaze and Pain
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
Mosa
年齢:
32
性別:
男性
誕生日:
1984/08/10
職業:
研修中
趣味:
音楽鑑賞 競馬観戦
フリーエリア
ブログ内検索
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新TB
(09/09)
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]