忍者ブログ
趣味である音楽(主にメタル)や競馬に関するブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

The Great Celestial.jpg










As Eden Burns / The Great Celestial
2008
Melodic Death Metal



アメリカ・テキサス出身のメロディック・デスメタルバンドの1st。
disk unionのブログにAt The Gates , Dissectionタイプとあったんで視聴し購入を決断。
買ったのは違うところなんですけどねw


1. The Great Celestial Delusionから強力。
Emperorの様な禍々しいイントロから一転、ブラストも交えながらデスラッシュばりに疾走。
Vo.は中高音で喚き散らすような歌唱と低音咆哮を使い分けています。
このVo.William Hesser中々のやり手だと感じました。
ギターはスウェーデン産を彷彿とさせるギターリフ、メロディアスなギターソロが良いです。

2. Endless Rebirthはうねる様なギターとベースが面白いです。
ソロでは泣きのギタープレイが聴けます。

3. Enemyはスラッシュメタル的なリフからVo.の絶叫と共に疾走。
At The Gates等のデスラッシュが好きな人に受けそうな1曲です。

4. Ever Againは本作でも最もお気に入りの1曲。
これまたAt The Gatesの4th的なデスラッシュを彷彿とさせる流れです。
クラシカルでクサいメロディーを奏でるツインギターがツボにはまりました。
このソロを視聴したせいで購入に至ったのかもw
曲の終わり方もアコギを使うことで余韻が残って良いです。

6. GuildsはArch Enemyっぽいギターが飛び出す1曲。

7. The Golden Ageは陰鬱なギターにより、
Vo.の絶叫がより悲壮感を帯びているように感じられます。
ソロはややトラッド風味を感じさせる音でCor Scorpiiっぽく感じる一瞬も。
終盤へ向けての盛り上がりがドラマティックで良いです。

8. Lost Counsel and Untimlely Doomもデスラッシュ寄りの爆走チューン。
ギターソロはどこか切なさを感じさせる展開で、
ラストも哀愁を振りまきながらフェードアウト・・・


全8曲43分ほどの構成なので、あまりだれることなく聴き終わります。
メロデスと言っても、At The Gates(4th)の様にデスラッシュ寄りに感じました。
disc unionのブログにはDissectionタイプとありましたが、そうは感じなかったなあ・・・
そんなわけで、スウェーデン産のメロデス、
デスラッシュ寄りのメロデスが好きな人にお勧め。
1stですが完成度高いと思います。
満足度は84点くらいでしょうか。


あれ・・・? Vo.のWilliam Hesser 脱退しちゃったのか?
低音、中高音の使い分けが見事で、中々イイボーカルだと思ったんですが・・・
残念です・・・orz


4. Ever Again
my space

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
Mosa
年齢:
32
性別:
男性
誕生日:
1984/08/10
職業:
研修中
趣味:
音楽鑑賞 競馬観戦
フリーエリア
ブログ内検索
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新TB
(09/09)
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]