忍者ブログ
趣味である音楽(主にメタル)や競馬に関するブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Consolamentum.jpg









Ascension / Consolamentum
2010
Black Metal




ドイツ産ブラックメタルの1stフル
LPの後にようやくCD版もリリースとなりました。


1. Open Hearts は不穏に蠢く低音から始まり、
ドンドンと追い詰めるように叩かれる重いドラムに、
若干エスニックなフレーズを奏でるギターが飛び出します。
その後はドゥーミーにも聞こえるリードギターが主張、後の楽曲に期待が高まりますね。

2. Grey Light Sibling は勢いよく疾走していく中、
DsOの3rd辺りをも彷彿とさせるリフで引っぱります。
断末魔にもとれる悲鳴の後、一瞬の間をおいてやはり疾走
所々荒々しく強引なアーミングなんかも登場しカッコよしです。

3. Rebellion Flesh もドゥームの様に重くのしかかるダーク、不穏な空気が堪りません。
ズンズンと刻まれるヘヴィーなリフに、ネットリと絡む中低音ガナリVo.もカッコいいですね。

4. Grant Me Light は疾走から突如訪れる静寂がまた不穏・・・
ギターソロもエモーショナルな彩りを見せます。

6. Amok は一転してDarkthroneやClandestine Blazeなどのオールドスクールな
ブラックメタルを彷彿とさせる出だしになっています。
怪しく蠢くベースラインなんかも主張してきますね。

8. Consolamentum は10分近い本作最長曲
やっぱり圧倒的な疾走パートがカッコイイですね。
ラストの荘厳な展開にも悶絶・・・


デモ「With Burning Tongues」からして只ならぬ存在感を放っていた彼らの
待望のデビューアルバムにあたる本作です。

相変わらずMikko加入後のDsOを彷彿とさせる不穏な空気、
ドゥームの様に重くのしかかるダークな雰囲気が高密度で充満したブラックメタル
デモ音源と同様の作風で、アルバムを通して1つの流れとして聴かせる構成も見事
寒々しく冷徹に繰り出されるトレモロリフ、
不吉で浮世離れしたリードギターに加えてソロがあるのもデモ音源と同様
強引なアーミングなんかを用いたパートも印象的
緩急の付いた展開、突如訪れる静寂なんかも予測がつかないもので、
ダレさせる余裕なんかは与えてくれません。

デモ音源を気に入った方は勿論のこと、
Mikko加入後のDsOなんかを気に入っている方に薦めたい作品
2010年ベストには入れていませんが、
2010年に聴いていたらランクインしていたであろう作品です。
1stでコレとか末恐ろしいにもほどがあります。
満足度は92点くらいでしょうか。


2. Grey Light Sibling
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
Mosa
年齢:
32
性別:
男性
誕生日:
1984/08/10
職業:
研修中
趣味:
音楽鑑賞 競馬観戦
フリーエリア
ブログ内検索
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新TB
(09/09)
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]