忍者ブログ
趣味である音楽(主にメタル)や競馬に関するブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Twilight of Days.jpg










Athena / Twilight of Days
2001
Melodic Power/Speed Metal




イタリア産メロディック・スピードメタルの3rdフル
本作を最後に解散、かつてはFabio Lione が在籍していたことでも有名


1. Twilight of Days は勇壮なイントロがいかにもメロスピの1曲目的、
ネオクラシカルなギターの後に疾走するメロスパー狂喜のキラーチューン
憂いを帯びたハイトーンVo.は頼りなさげですが、クサメタル的な資質はかなりのもの
シュレッド気味のギターソロ前半より、後半の壮絶な泣きのメロディーに悶絶・・・
サビの歌メロの泣きっぷりももう咽返るほどに濃厚です。

3. The Way to Heaven's Gates は郷愁漂うクリーンギターと
野郎シンガロング的な熱さを見せるパートが印象的
クラシカルなギターとシンセのユニゾンも王道ですね。

4. Hymn はソロ後のメロディーがもうどうしようもないほどにクサいですw

5. Your Fear はメランコリックなピアノパートが美しく切なげで良いですね。

6. Falling Ghosts は第二のキラーチューン
スカスカのスネアにツーバス疾走もここまでの流れで大分慣れますね。
この極細ハイトーンも悲壮感が漂い、切なげな歌メロと驚異の相乗効果を発揮
素晴らしいです。歌詞も恥ずかしいまでにクサイですw

12. Making the History はどことなく6曲目と歌メロが似ている様な・・・
ドラマティックな展開、どことなくジャーマン的な明るさも見えますね。


Fabio Lione が在籍していた前作では割とプログレッシヴなメタルをやっていた様ですが、
本作ではメロディック・スピードメタル、それもB級(C級?)テイスト漂うクサメタルを披露
とにかく一聴して気になるのはその劣悪な音質
折角のテクニカルなドラムもペタペタとスッカスカの音で突き進み、
Vo.の頼りなさげなハイトーンも更に頼りなさげに映ってしまいます。
が・・・これもクサメタル的には丁度良いと思えてしまうクサメタラーもいるのではないでしょうか。

クサクサのツインリードギターのハーモニー、
シンセによる装飾にコーラスの多用ともう王道といえば王道ですが、
その咽返る程にクサいメロディーが尋常ではなく、
特に1. Twilight of Days 、6. Falling Ghostsの2曲はクサメタラー必聴の名曲
他の曲が霞んで見えるほどに突き抜けています。
そんなクサメタル的疾走曲ばかりといえばそうでもなく、
ヘヴィーさを前面に押し出したリフなんかも用いますが、
やはりプロダクションのしょぼさゆえか歯痒さを感じますw
クラシカルなシュレッド、シンセとの掛け合い、ユニゾンによるスリリングな展開もあります。
また、このクサメタル度の増長に一役も二役も貢献しているVo.ですが、
下手すると失笑ものに線が細いハイトーンボイスです。
ところが実はよくコントロールされたエモーショナルな歌唱を披露しており中々・・・
この悲壮感漂うハイトーンもこの業界では貴重な財産ですね。

クサメタラーの方にはぜひ聴いて欲しい作品です。
満足度は80点くらいでしょうか。


1. Twilight of Days
6. Falling Ghost
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
Mosa
年齢:
32
性別:
男性
誕生日:
1984/08/10
職業:
研修中
趣味:
音楽鑑賞 競馬観戦
フリーエリア
ブログ内検索
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新TB
(09/09)
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]