忍者ブログ
趣味である音楽(主にメタル)や競馬に関するブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Ancient Wraith.jpg










Battle Dagorath / Ancient Wraith
2011
Black Metal




アメリカ産ブラックメタルの2ndフル


1. Spirits of Winter Darkness は神秘的な空気を纏ったインスト曲
吹き荒れる風と言い、いかにも寒々しいサウンドを展開していきそうですね。 

2. Empire of Imperial Shadows は寒々しく疾走していく中、
轟音一歩手前のトレモロリフで雪崩のように駆け抜けていきます。
Vo.は奥の方で木霊している感じ、Lunar Auroraを彷彿とさせます。

3. Where Darkness & Frost Prevails も基本寒々しく突っ走る中、
後半に穏やかなパートが訪れます。
闇の深淵へと誘うアルペジオに溶け込む様なVo.がとにかく暗いですね。

4. Spellbound Requiem of the Winter Night はストレートでインパクトのあるイントロ
比較的メロディアスなギターリフのおかげか親しみやすいかもしれません。

5. Kingdom of Black Abyss はシンセを主体とした幻想的なイントロで開幕
その後はまんま後期Lunar Auroraな音使いを見せつつ疾走
他曲は無機質に聴こえますが、この曲は仄かに温かみを帯びたメロディーが沁みます・・・

6. Ancient Spectre of Oblivion は20分弱の大曲
終始籠り気味の音が鳴り響くダーク・アンビエント曲(?)
正直この曲は長いし退屈でした・・・


いかにもCold Dimensionsリリース作品だなと思わされる作品
1stアルバムとほぼ同路線でありながら、
更に大曲志向への傾倒を見せつけていますね。

バコバコと勢いよく突っ走るドラムは、
ブラストビートを交えた猛吹雪の様な質感も与えており、
寒々しく掻き鳴らされるトレモロリフと相まって良い感じ
この寒々しさと疾走感は初期Lunar Auroraなんかを彷彿とさせます。
一方で神秘的な音使い、サウンドは後期Lunar Auroraを思わせる辺りも面白いですね。
Vinterriket の人が絡んでいることもあってか
ダーク・アンビエント的なアプローチが耳を突きます。
Vo. は奥の方から木霊してくるようなスタイルで、他パートに溶け込むように聴こえます。

Lunar Aurora , Mortuus Infradaemoni といったCold Dimensions勢、
Paysage d'Hiver 辺りを好む方に薦めたい作品です。
ただ、これらのバンドほどの轟音っぷりはないかもしれません。
寒々しいドイツ産のメロディック・ブラックメタルを好む方も楽しめそう
満足度は83点くらいでしょうか。


4. Spellbound Requiem of the Winter Night
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
Mosa
年齢:
32
性別:
男性
誕生日:
1984/08/10
職業:
研修中
趣味:
音楽鑑賞 競馬観戦
フリーエリア
ブログ内検索
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新TB
(09/09)
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]