忍者ブログ
趣味である音楽(主にメタル)や競馬に関するブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

End Leaving.jpg










Be Persecuted / End Leaving
2009
Black Metal




中国産ブラックメタルの2ndフル
ジュエルケースの方は500枚限定仕様


1. Hopeless Far Be はザラついたギターによる陰鬱なアルペジオでスタート
そこへ高音絶叫Vo.が木霊し、ゆったりしたドラムが登場
そのままミニマルに進みますが、あまりのノイジーさに耳がおかしくなりそうです。

2. The Last Right は疾走曲、切なげなトレモロリフが良い感じ
ノイジーに刻まれるリフの裏ではシューゲイザー影響下のブラックメタルらしい
光が差し込めるようなメロディーが鳴らされており、メランコリックです。
Vo.は相変わらずのネガティブさ全開歌唱

3. All End Soon はアップテンポでノリよく進むドラム、
穏やかな陽光の如きフレーズが心地よい一方で、
喧しいボーカルがテンション高めに暴れまわっています。正直うるせえw
2, 3曲目はpart Iと銘打っているようです。

4. End Leaving は陰鬱・ミニマルなリフを淡々と垂れ流すブラックメタル
と思いきや、2分手前あたりで壊れてしまったVo.がアホ声を上げた後は
派手な展開こそないものの中々ドラマティック
ラストは残響感漂うギターとともに寂しげに終了
4,5曲目がpart IIらしいです。


デプレッシブ・ブラックメタルに最近流行のシューゲイザー、
ポストロック的アプローチを取り入れた作風になってますね。
どうやらVo.が昨年リリースされたPest ProductionsのVA盤2作品
(Depression And Hatred of 3 Yearsと
The World Comes to an End in the End of a Journey)
にも参加していたブラックメタルバンドDopamineのメンバーみたいです。
所々やり過ぎだろうと思えるほどのノイジーなギターは
デプレッシブ・ブラックらしい陰鬱なアルペジオ、時に切なげなトレモロなんかを奏で、
その背後ではシューゲイザー的なギターが登場、
優しく包み込まれるような心地がします。
Vo.はSilencer , Nyktalgia辺りを彷彿とさせる高音絶叫スタイルで、
ネガティブさ全開で暴れまくったり、泣きそうな声、
時々アホみたいな声を上げて苦笑を誘う場面も・・・
デプレッシブ・ブラックはそれほど好きではない私でも
6曲35分という収録時間のおかげもあってか割とスンナリ聴けました。
満足度は75点くらいでしょうか。


my space


1stはまだ聴いてませんが、見かけたら買おうかと思ってます。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
Mosa
年齢:
33
性別:
男性
誕生日:
1984/08/10
職業:
研修中
趣味:
音楽鑑賞 競馬観戦
フリーエリア
ブログ内検索
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新TB
(09/09)
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]