忍者ブログ
趣味である音楽(主にメタル)や競馬に関するブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Destruction, Not Reformation.jpg










Book of Sand / Destruction, Not Reformation
2010
Black Metal




アメリカ産ブラックメタルの2ndフル


1. No Excuses for Fascists Sypmathies は雅やかな弦楽器、シンセが重なり、
奥の方から苦しげなガナリVo.が木霊してくるダーク・アンビエントの様な1曲

2. Partaking Is Collaborating はより暗く、冷たい質感を感じさせる1曲
孤独感を煽る音と言い、Coldworldに通じる部分も

4. This World Must be Destroyed は曲名からは想像のできない
柔らかく包み込む様な、天に召されていく様な音に溢れています。
残響感が尾を引くトレモロもシューゲイザー影響下のブラックメタルを思わせます。

5. European History Is a History of Rot は力強くもどこか気味の悪いチェロが主張
エモーショナル(?)な荒ぶり方を見せますね。


まったりとスロー~ミドル主体で進行する楽曲が大半を占め、
雅やかな弦楽器、シンセがユラユラと棚引く幻想的なサウンドを構成
しんみりとしたピアノも相まって何とも寂しげな風景が浮かんできますね。
何と言うか、この忙しない世の中の流れからは距離を置いた様な
ダーク・アンビエントと言った塩梅でしょうか。
ノイジーなギターによるトレモロリフなんかも登場しますが、
あまりブラックメタルを聴いているという印象は受けません。
この鮮やかさからは程遠いモノトーンでもの寂しい音、楽曲はColdworldに通じる部分も・・・
あちらをよりミステリアスにした感じでしょうか。
籠り気味の音質に埋もれるように奥の方から聴こえてくる悲痛なVo.は
あまり目立ちませんね。

Pest ProductionsのVA盤なんかを好む方に薦めたい作品
一風変わったブラックメタル、ダーク・アンビエント色、
エクスペリメンタル要素の強いブラックメタルを好む方も気に入るかもしれません。
正直どれも同じような曲に聴こえますが・・・w
満足度は78点くらいでしょうか。


myspace
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
Mosa
年齢:
32
性別:
男性
誕生日:
1984/08/10
職業:
研修中
趣味:
音楽鑑賞 競馬観戦
フリーエリア
ブログ内検索
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新TB
(09/09)
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]