忍者ブログ
趣味である音楽(主にメタル)や競馬に関するブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Hvis Lyset Tar Oss.jpg










Burzum / Hvis Lyset Tar Oss
1994
Black Metal




ノルウェー産ブラックメタルの3rdフル
色々と問題を起こしたCount Grishnackh独りによる演奏
白昼夢という邦題が付けられています。


1. Det Som en Gang Varは14分超えの大曲
ジリジリしたギター、幻想的なシンセによるイントロから始まり、
何とも不思議な雰囲気に包まれます。
そしてドラムとともにブラックメタルパートへ移行します。
やはり冷やかなシンセによる装飾が素晴らしく、
Countの狂気に満ちた悲痛な叫び声、
時折挿入されるギターによるトレモロが不安を増長させます。

2. Hvis Lyset Tar Ossは1曲目よりやや速い曲で、
ザーザーノイジーでザラついた質感のするギターが終始耳から離れません。

3. Inn I Slottet Fra Droemmenはズンズン・・・と低音が効いていて、
何とも焦燥感に駆られ、追い詰められるような感覚に襲われます。

4. Comhetは14分にも及ぶアンビエント曲
幻惑的なシンセがコールド極まりない雰囲気を作り出しています。
アルバムのラストにこんな曲を持ってくるとは・・・


4曲入りですが、非常に濃密なブラックメタルを堪能できる歴史的名盤です。
退廃的なジャケ、アートワークも楽曲とマッチしてますね。
ノイジーなギターによる邪悪なリフ、
悲痛極まりない狂気に満ちた断末魔ボーカル、
幻想的なシンセによるコールドな音作りによる楽曲は、
長尺で淡々とループするような感じで展開していきますが、
微妙な変化を上手く取り入れながら不安、狂気、厭世・・・
といった負のイメージをジワジワ募らせていきます。
Burzumの影響を感じさせるバンドは山ほどあっても、
Burzumの本作に並んだと思わせる作品はあるのでしょうか・・・
満足度は96点くらいですかね。

まだ2ndと3rdしか聴いていませんが、他作品も聴いてみたいです。
最近の作品はアンビエント志向になっているようですね。
それも獄中でシンセしか使えないからか・・・
本作も1994年作か・・・まさに伝説の年・・・
こんな年をリアルタイムで経験したらショック死してしまうw


1.  Det Som en Gang Var(はじめの4分ほどカットされてます。)
2. Hvis Lyset Tar Oss
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
Mosa
年齢:
32
性別:
男性
誕生日:
1984/08/10
職業:
研修中
趣味:
音楽鑑賞 競馬観戦
フリーエリア
ブログ内検索
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新TB
(09/09)
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]