忍者ブログ
趣味である音楽(主にメタル)や競馬に関するブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Isolate.jpg










Circus Maximus / Isolate
2007
Progressive Power Metal




ノルウェー産プログレッシブ・メタルバンドの2ndフル
この2ndの好調な売れ行きからか、1stも後に国内盤が出ることになったみたいです。


1. A Darkened Mindはバタンと開閉されるドアの音で始まり、
コンセプトアルバムとしてのスタートを切ります。
淡々とした始まりから徐々に盛り上がりを見せ、
シンフォニックメタルさながらのドラマティックな曲です。
メロウなピアノの音とボーカルMichael Eriksenによるしっとりとした歌唱が良いです。

2. Abyssは手数の多いドラムからスタートする疾走気味の曲
テクニカルでスリリングなギターソロが聴けます。
コーラスを用いたサビの歌メロのキャッチーさも相変わらずです。

3. Witherはミドルテンポで進む曲で、
北欧のバンドらしい透明感のあるメロディーは、
最早メロハーの如き聴きやすさ、爽やかさを兼ね備えています。
それでいて終盤に複雑なリズムを聴かせたりするところもw

4. Sane No MoreはDream Theater傘下のテクニカルなインストチューン
しかし、1~3曲目と比べてみると、歌メロの存在の大きさを感じます。
インストパートが退屈というわけではなくて・・・

5. Arrival of Loveはアップテンポの北欧メロハー的チューン
Keyとクリーンなギターの音が爽快です。

6. Zeroはバラード
ピアノによる哀しげな演奏、低音域を用いた色気のあるボーカルから始まり、
徐々にギター、ドラムが登場してドラマティックに展開していきます。
エモーショナルなギターソロも見事です。

7. Mouth of Madnessは12分超の大曲
ダークでプログレッシブな本作のハイライトとなっています。


日本でもブレイクしたのが納得の力作です。
Dream Theater , Symphony Xらのプログレッシブ・メタル影響下にあるサウンドですが、
取っつき難さはほとんど感じず、抵抗なく聴き通せました。
1stと同様の作風で、プログレッシブ、テクニカルな演奏に、
極めてキャッチーな歌メロが重なるスタイルです。
前作で感じたSymphony Xのパクリっぷりも感じませんでした。
本人たちも歌メロに対する意識が高いらしく、言うだけのことはありますね。
そして、やはりボーカルのMichael Eriksenは上手いです。
色気のある声質・歌い方がRoy Khanっぽくも聞こえます。
プログレと聞いて抵抗を持つ方にもおススメできる名盤で、
メロパワ、メロハーを好んで聴く方にも聴いてほしい作品です。

本作よりKeyがLasse Finbråtenに変更
私は前任者より好きですね。
満足度は93点くらいですかね。
2007年作の中で恐らく3番目に多く聴いてます。


1. A Darkened Mind
2. Abyss
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
Mosa
年齢:
32
性別:
男性
誕生日:
1984/08/10
職業:
研修中
趣味:
音楽鑑賞 競馬観戦
フリーエリア
ブログ内検索
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新TB
(09/09)
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]