忍者ブログ
趣味である音楽(主にメタル)や競馬に関するブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Deliverers of Faith.jpg










Clandestine Blaze / Deliverers of Faith
2004
Black Metal




フィンランド産ブラックメタルの4thフル
Northern Heritageの首領、Deathspell OmegaのVo.でも有名なMikko Aspaによるバンド


1. Beyond the Reason から正にClandestine Blazeと言った1曲
焦燥感を募らせるDarkthrone的なリフ、プリミティヴ・ブラックらしい殺伐とした音使い、
更にMikkoのドス黒いガナリVo.が重なります。

3. Winter of White Death は暗く救いようのないメロディーによるイントロが
まさにMikko氏の本領と言った感じで、フューネラル・ドゥームのようでもありますね。
その後はDarkthrone直系のオールドスクール、モノクロ調のプリミティヴ・ブラック
Mikkoのドス黒い歌唱に呼応するようなドンヨリとお先真っ暗な12分間・・・

4. Falling はメロいトレモロリフと心地よい疾走感のおかげか、
本作の中でも聴き易い1曲になっています。こういう曲もいいですね。
Satanic Warmaster並みにメロい気もしますw

5. Tormented もノッソリとスローに進んでいく中、
冷やりと背筋を凍らせるKey.なんかが挿入されており気味の悪さは相変わらず

6. Grave of Gratification は軽快な疾走を見せつつも、
中盤は耳障りなノイズが途切れ途切れに現れ何とも不安を募らせる展開へ


Darkthrone直系のオールドスクールなプリミティヴ・ブラックを基調としながらも、
そこへMikko氏の本領でもあるドゥーミーで救いようのない空気感を注入した
唯一無二のプリミティヴ・ブラックとなっています。

ノッソリとスロー~ミドルテンポ主体で進んでいく楽曲が多いですね。
Rawに叩かれるドラム、プリミティヴな音像によるザラついたギター、
これらが黒一色の殺伐とした空気を生み出す中、
Mikko氏の相変わらずにドス黒いガナリVo.も健在
ただ、他作品に比べるといくらか感情表現が豊かな気がしないでもないですw
独りでフューネラル・ドゥームをやってしまうくらいの彼ですので、
救いようがないほどに暗くドゥーミーなパートも彼ならではと言ったところでしょうか。
そんな聴き易さを感じさせず、メロディーも最低限までに削ぎ落した楽曲だけかと思いきや、
4曲目の様に中々にメロディックで聴き易い曲もあり、
だれずにアルバムとして聴き通すことができました。

本バンドの数ある作品の中でも評価が高い作品ですが、
とっつき易いかと言われると疑問符が浮かんでしまう作品ですw
聴き易さで言うと6thの方が上でしょうし、私もそちらの方が好きですが、
本作を最高傑作とする声も多いのでは
満足度は88点くらいでしょうか。


4. Falling
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
Mosa
年齢:
33
性別:
男性
誕生日:
1984/08/10
職業:
研修中
趣味:
音楽鑑賞 競馬観戦
フリーエリア
ブログ内検索
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新TB
(09/09)
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]