忍者ブログ
趣味である音楽(主にメタル)や競馬に関するブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

The Great White Emptiness.jpg









Cold Body Radiation / The Great White Emptiness
2010
Black Metal , Shoegazer




オランダ産ブラックメタル、シューゲイザーの1stフル
M. なる人物が一人で全パートを担当しているようです。


1. Emission はクリーンなギター、ベースが美しい絡みを見せるインスト

2. Loss はアップテンポに進行するシューゲイザー影響下のブラックメタル曲
ノイジーなギターとクリーントーンのギターのコントラストが非常に美しく幻想的
メランコリーを発散させる王道を行くキラーチューン
派手に跳ねまわるベースなんかも耳を惹きます。

4. Silver は散々焦らしたかと思えば中盤から疾走
旨を掻き毟るトレモロ、幻想的に被さるクリーンギター、シンセ、
そこへ激情のガナリVo.が乗る涙腺直撃の1曲
ベースは若干うるさいかもw

5. Radiance は水面に波紋が広がっていく風景が浮かんでくる
物静かなイントロでスタート
クリーン主体で進む中、ラストは歪んだギターとの絡みも登場

6. Nothing はDarkflight あたりを彷彿とさせる若干ドゥーミーな曲
そんな中でも幻想的で美しいサウンドは健在


所謂シューゲイザー的なアプローチを見せるブラックメタル作品
スロー~ミドルテンポ主体で進んでいく中、
淡い色彩を放つクリーントーンのギターが尾を引く様な残響感を残し、
歪んだギターによるトレモロが胸を掻き毟る様に迫ります。
メランコリーを発散していく楽曲・音が琴線を刺激して止みません。
そんな幻想的な音世界の中にも、ブラックメタル的な疾走を見せる場面もあります。
また、Vo.は奥の方から聴こえるガナリ声で、
力強く主張するベースラインもクリアに聴き取れます。
儚さを際立たせるKey.、ピアノも良いアクセントですね。
タイトル通り白くフェードアウトしていきそうな音世界になってます。

目新しさこそなく、何番煎じかわからない作風ですが、
最近リリースされたこの手の作品の中でも気に行った部類です。
Alcest, Dernier Martyr, Dopamine 等を好む方に薦めたい作品
また美しくも哀しいKey,の存在からDarkflight なんかにも通じる部分を感じます。
満足度は84点くらいでしょうか。


myspace
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
Mosa
年齢:
32
性別:
男性
誕生日:
1984/08/10
職業:
研修中
趣味:
音楽鑑賞 競馬観戦
フリーエリア
ブログ内検索
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新TB
(09/09)
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]