忍者ブログ
趣味である音楽(主にメタル)や競馬に関するブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

The Funeral Demo 2006.jpg










Crack Addict / The Funeral Demo 2006
2006
Black Metal , Death Metal




国産ブラックメタル、デスメタルの4曲入りデモCD-R
バンドロゴのステッカーが付属


1. Defile はVader 辺りを思わせるデスメタル的なリフでスタート
ゴリゴリとヘヴィーにリフが刻まれる中、随所に挿入されるハーモニクス音が
アクセントとなっています。終盤には比較的メロディックなギターソロも

2. In Such the World はジワジワと滲み出るよな悲しみを含ませたメロディーが
Eucharist などメロディック・デスメタル黎明期の名作を思わせます。
ツインリードによるギターソロもカッコいいですね。

3. Minedevoured はブラストビートを交えつつ疾走
途中で挿入される明るげなメロディー、泣きのソロが印象的

4. Crucifixion は陰鬱なギター、哀しげなVo.の慟哭が映えます。
スローで始まったと思いきや、ブラストビートを伴って疾走
高音で咽び泣くように刻まれるギターも登場


国産ブラックメタルのデモ作品と言うことで、安価だったこともあり、
何かの注文のついでに購入した作品です。
トレモロリフを用いることもありますが、それほどブラックメタル臭はせず、
寧ろデスメタル影響下のサウンド、楽曲がメインな気がしました。
my space に依れば、X Japan, SLAYER, EMPEROR, CRADLE OF FILTH,
DIMMU BORGIR, DEATH, NAGLFAR, CANNIBAL CORPSE,
DEICIDE らから影響を受けたとのことです。

Vader の様にヘヴィーに刻まれるデスメタル然としたリフ、
また、Eucharist , Dissection の1st、初期 In Flames らを思わせる
ホンモノ のメロディック・デスメタルを彷彿とさせるメロディーを巧みに操っています。
最近のド派手なメロディーにデスボイスっぽい声を乗せた
メロディック・デスメタルでは味わえないジワジワと染み出してくる様な
遅行性の悲しみを含ませたメロディーが良いですね。
ツインギターならではのハモリ、泣きのギターソロもメロメロになり過ぎる、
という一歩手前な塩梅になっております。
Vo.も中音ガナリ声、デスボイスだけに留まらず、
低音で唸る様な声も披露していますが、
やはり哀しげなメロディーに合わせての慟哭が良いですね。
デモ作品でありながら、音質はそれほど悪くないのも良かったです。
(ドラムは若干チープかも)

Intestine Baalism と言い、国内にも中々良いバンドがいるものですね。
是非フルで聴いてみたいです。
満足度は72点くらいでしょうか。
 

my space

web拍手
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
Mosa
年齢:
32
性別:
男性
誕生日:
1984/08/10
職業:
研修中
趣味:
音楽鑑賞 競馬観戦
フリーエリア
ブログ内検索
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新TB
(09/09)
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]