忍者ブログ
趣味である音楽(主にメタル)や競馬に関するブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

All Ends In Silence.jpg









Dark the Suns / All Ends In Silence
2009
Gothic Metal




フィンランドのゴシックメタルバンドによる2ndフル
女性メンバー含む5人編成で、digipack仕様になっています。


1. Unbroken Silenceは女性コーラスを絡めたイントロで幕を開け、
ズンズンずっしりとしたギターで刻みつつ、
中音域のデスボイス、美しいKeyを交えたゴシックメタル曲

2. Everlastingはキラーチューン
メランコリックなギターに骨抜きにされつつ、
音数は多くないものの要所要所で登場するKeyに背筋が凍りますね。
ラスト転調するのもドラマティックです。

3. The Dead Endは1 , 2曲目と比べるとややアップテンポでノリノリですね。
神秘的なKey , 女性のコーラスがうっすらと被さります。

5. Sleepless Angelsは涙腺崩壊のキラーチューンで、
本作で最も気に入った1曲です。
北欧、それもフィンランド産らしい憂いを含んだフレーズ、
しっとり美しいKeyが淡々と奏でられ、胸を締め付けられますね。

8. The Rainもやはり音数こそ少ないものの、凍てついたKeyが主役な1曲
ギターソロからの繋ぎがスムーズで良い感じです。

10. Goneは本作ラストに相応しいややドゥームな1曲
ラストはノイズ混じりになってフェードアウトする様が何とも儚げです・・・


フィンランド産らしい憂いを含んだゴシックメタルで、
ダークで美しいアートワークにピッタリな世界観を表しているように感じました。
ボーカルは中低音域のオーソドックスなデスボイス主体で、
よりもの哀しげな曲を引き立てています。
メランコリックな世界観を構成するギターも素晴らしいですが、
私にとっての主役は鍵盤奏者Pinja Haikalaですね。
音数はそれほど多くないものの、凍てつき透き通った音は
Dark TranquillityのFictionにおけるMartin Brändströmを思わせました。
Fictionこそ神盤!!と思った方なら、本作のKeyも気に入るのではないでしょうか。
ゴシック・メタルファンだけではなく、もの哀しげなメロデス、
Dark Lunacy , Eternal Tears of Sorrowなどが好きな人にもおススメです。
満足度は87点くらいでしょうか。


5. Sleepless Angels
9. Guardians
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
Mosa
年齢:
33
性別:
男性
誕生日:
1984/08/10
職業:
研修中
趣味:
音楽鑑賞 競馬観戦
フリーエリア
ブログ内検索
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新TB
(09/09)
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]