忍者ブログ
趣味である音楽(主にメタル)や競馬に関するブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Fiction.jpg










Dark Tranquillity / Fiction
2007
Melodic Death Metal



スウェーデン産メロディック・デスメタルの重鎮による8thフル


1. Nothing to No One からキラーチューン
ジャケ通りの北欧の曇天を想像させるサウンド、
その曇天を仰ぎ見ながら慟哭をあげる状況が浮かぶMikael Stanne の歌唱
静けさを際立たせるシンセは音数こそ少ないものの存在感十分です。

3. Terminus (Where Death Is Most Alive) はデジタルな装飾を施すシンセに
お?と思わされつつも、しっかりとスウェディッシュなリフを伴い、
名曲Punish My Heaven を思い出させる場面も

4. Blind at Heart もアグレッシヴに刻まれるデスラッシーなリフ、
美しさ際立つ激情のサビの対比が素晴らしい1曲

5. Icipher は暗黒耽美な空気が滲み出るキラーチューン
サビへ向けてのシンセの展開に悶絶・・・
ゴシックメタル等を好む方にも薦められそうな名曲

6. Inside the Particle Storm はドゥーミーナ出だしで始まる
もの寂しげな1曲です。

7. Empty Me もキラーチューン
サビでの情念をひねり出す様なMikael Stanne によるVo.、
美旋律を添えるシンセの絡みに悶絶・・・泣けますね。

8. Misery's Crown はクリーンボイスによるメランコリックな歌唱が光る1曲


北欧らしい叙情派メロディック・デスメタルの名盤
ジャケ通り北欧の曇天を想像させ、
その天に向かって慟哭をあげたくなる激情のサウンド、楽曲が満載です。
スウェディッシュなリフでアグレッシヴに突っ走るパートはそれほど多くなく、
ゴシックメタル的な味わいも堪能できる作品
モダンな装飾を施すシンセも登場しますが、
最新作ほどではないかな、と言う気がしてこれくらいのバランスが丁度良いと感じています。
北欧ならではの叙情メロディーを奏でるギター、
Dark Tranquillity と即わかってしまいそうなスウェディッシュなリフ、
シーン屈指のシンガーMikael Stanne による情念豊かな歌唱に悶絶しつつ、
音数こそすくないものの楽曲の空気を支配する鍵盤奏者Martin Brändström が存在感抜群

メロディック・デスメタルの中でも重鎮だと思いますが、
他の有名どころに比べると地味な扱いを受けている様な気もします。
叙情的なメロディック・デスメタルを歌わせたら
Mikael Stanne の右に出るものはいないのでは?
と思えるほどの奮闘ぶりで、改めてその述力を実感した次第です。
ギターは・・・

2007年作品で恐らく2番目に気にいった作品の様に思います。
満足度は95点くらいでしょうか。個人的に捨て曲なしの名盤

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
Mosa
年齢:
32
性別:
男性
誕生日:
1984/08/10
職業:
研修中
趣味:
音楽鑑賞 競馬観戦
フリーエリア
ブログ内検索
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新TB
(09/09)
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]