忍者ブログ
趣味である音楽(主にメタル)や競馬に関するブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Under a Funeral Moon.jpg










Darkthrone / Under a Funeral Moon
1993
Black Metal




ノルウェーの大御所ブラックメタルバンドによる3rdフル
2nd「A Blaze in the Northern Sky」に続く3部作の2作品目
これまたブラックメタルの名盤とされてますね。


荒々しくもスカスカなドラム、
ジリジリしまくったギターからはじまる1. Natassja in Eternal Sleep
これ2ndより音悪くなってないか?と感じました。
ラストは突然曲が終わり、曲間が長めなのも不気味・・・

2. Summer of the Diabolical Holocaustは、
中盤のテンポが落ちるパートが恐ろしいことこの上ないです。
のそのそ進むギターに、ジリジリいうノイジーなギターが乗り、
ドラムは淡々と進んでいく・・・時折乱暴に叩かれるスネアも気味悪いです。

4. Unholy Black Metalはスネア等の音が奥まってしまい、
シンバル、ハイハットの高音域がやけに耳につきます。
その分、Vo.のガナリ声が浮き彫りになっているように思えます。
これまたラストは突然終わってしまう・・・

6. Under a Funeral Moonはドラムが荒々しく疾走する中、
ノイジーだが、割とノリノリなギターが聴かれるのが印象的な1曲


2ndと同路線ですが、極悪な音質による効果も加わり、
更にアンダーグラウンドな方向へと進化(退化?)しています。
私が所持しているリマスター盤も、そのアンダーグラウンド性は失われていません。
ドラムはスッカスカで、ハイハット、シンバルがやけに耳につき、
スネア等は奥まってしまい音の分離は悪いです。
ギターは歪みまくってジリジリしてるのも2nd同様ですね。
3部作で最も邪悪なんじゃないでしょうか?

なんか3部作の中で1番地味な扱いを受けているようですが、
捉えようによっては、最も過激な1枚とも考えられます。
当然名盤には違いないので、
ブラックメタルを語る上で欠かせない1枚とされています。
ブラックメタル聴きはじめの時の私だったら
恐らく耐えられなかったであろう1枚
満足度は87点くらいでしょうか。


2. Summer of the Diabolical Holocaust
4. Unholy Black Metal
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
Mosa
年齢:
32
性別:
男性
誕生日:
1984/08/10
職業:
研修中
趣味:
音楽鑑賞 競馬観戦
フリーエリア
ブログ内検索
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新TB
(09/09)
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]