忍者ブログ
趣味である音楽(主にメタル)や競馬に関するブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

When All Life Ends....jpeg










December Flower / When All Life Ends...
2011
Melodic Death Metal




ドイツ産メロディック・デスメタルの1stフル


1. Invasion は短めのインスト
北欧的なツインリードの登場に本作への期待が高まります。

2. The Apprentice はブラストビートを交えた寒々しい疾走パートと、
叙情メロディーを配した泣きのパートがいかにもDissection影響下

3. Your Darkest Path はVo.のライン、リフワークが所々Dark Tranquillity ですね。

4. As Darkness Reigns もDark Tranquillityのリフと、
In Flamesのリードギターを合わせたような1曲

6. Dying Sun は箸休め的なインスト
シンセとアコギが泣かせます。

7. Life Ends はイントロのリードギターがインパクト大なキラーチューン
胸をかきむしるVo.の慟哭と悲哀に満ちたギターワーク、
緩急の付いたドラマティックな展開にただただ悶絶・・・

9. Lost in Twilight は最初、中盤の独特なギターの音がタイトルを思わせます。

11. The Fountain は本作を締めるインスト


In Flamesのある曲名からとったであろうバンド名から想像されるように、
In Flames、Dissection、Dark Tranquillity 辺りのメロディック・デスメタル黎明期を
21世紀に体現したようなスタイルです。

In Flames的な叙情的ツインリードギターを全編に配しつつ、
時にメロディック・ブラックとさえ形容できそうな突進力に溢れた部分も披露
ジャケット、アートワークからDissection臭も臭いますが、
楽曲・サウンドの方にも現れていますね。
リフワークはDark Tranquillityっぽい部分もあったり
最近流行りのヘヴィーでモダンなメロディック・デスメタルとは異なる
ホンモノのメロディック・デスメタルですね。
目新しさこそないものの、やはり私はこういうのが好きなんだと、
改めて確認させてくれた強力作でした。

上記に挙げたようなバンドを好む方に是非とも聴いていただきたい作品
満足度は93点くらいでしょうか。
いやー、ドイツからスウェディッシュなバンドが台頭してますね。
Zero Degree、Thulcandraともに頑張って欲しいです。


7. Life Ends
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
プロフィール
HN:
Mosa
年齢:
32
性別:
男性
誕生日:
1984/08/10
職業:
研修中
趣味:
音楽鑑賞 競馬観戦
フリーエリア
ブログ内検索
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新TB
(09/09)
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]