忍者ブログ
趣味である音楽(主にメタル)や競馬に関するブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Der Weg einer Freiheit .jpg










Der Weg einer Freiheit / Der Weg einer Freiheit
2009
Black Metal




ドイツ産ブラックメタルの1stフル
2010年再発盤にはボーナストラックが1曲追加されています。


1. Ewigkeit はSEの後、テンション高く爆走へ
ひたすらに物悲しいトレモロリフと慟哭Vo.を引き連れ突き進みます。
若干Cor Scorpiiなんかを思わせたりも

3. Frei では疾走一辺倒にならず、
クリーントーンのアルペジオと、怪しげなハーモニーを成すギター、
泣き声寸前の感傷的なVo.が登場

5. Zum Abschied は若干デプレッシヴな音像によるイントロから、
ブラストビート、縦横無尽に駆け抜けるトレモロで突き進みます。
所々に初期In Flamesを思わせる叙情メロディーが顔を出すのも印象的

6. Welk はクリーントーンによる穏やかな調べから、
やはり爆走パートを交えつつ、ラストは穏やかに締めます。

7. Neubeginn は本編ラストを飾る10分ほどの大曲
またしてもスウェディッシュな叙情感を煽るメロディーが登場
寒々しい激情のファスト・メロディックブラックに悶絶・・・
2本のギターのハモリっぷりが秀逸ですね。

8. Ruhe は再発盤のボーナストラック
本編の曲に比べポスト・ブラックメタル的な心身を浄化してくれる様なメロディーが主張
よりEP寄りの曲と言った感じですが、当然素晴らしいです。


本作の後にリリースされたEPを先に聴き、
衝撃を受けたことから本作も迷わずに購入しました。
EP「Agonie」と比べると、最近のポスト・ブラックメタル的なアプローチは色薄く、
よりストレートなドイツ産らしいメロディックなブラックメタルに感じられます。

歯切れのよいドラムによる清々しいまでのブラストビート、
されど疾走一辺倒にはならない緩急の付いた展開を取り入れ、
叙情的なメロディーが一層際立った激情のブラックメタルを演出
縦横無尽に駆け巡るトレモロリフはKrallice2歩手前といったほどで、
直接琴線を掻き鳴らされているかの様な心地を味わえます。
また、In Flamesの1stアルバム辺りを思わせる
若干スウェデイッシュな叙情感を滲ませたメロディーなんかも登場
ドイツ産らしい神秘的な空気と相まって、ドラマティックな楽曲がほとんど
即効性の高い作品になっていますね。


メロディック、ドラマティックである程度速いブラックメタルを好む方に薦めたい作品
満足度は91点くらいでしょうか。
新生代ブラックメタルの旗手として、今後も目が離せません。


7. Neubeginn

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
Mosa
年齢:
33
性別:
男性
誕生日:
1984/08/10
職業:
研修中
趣味:
音楽鑑賞 競馬観戦
フリーエリア
ブログ内検索
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新TB
(09/09)
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]