忍者ブログ
趣味である音楽(主にメタル)や競馬に関するブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Hymner Till Undergången.jpg










Dråpsnatt / Hymner Till Undergången
2010
Black Metal



スウェーデン産ブラックメタルの2ndフル


1. En Ensam Sol Gar Ner はArcturus をゴシカルにした様な
クラシカル、暗黒耽美なイントロにクラクラさせられます。
Vo.は擦り切れる様な絶叫、低音で這う様なガナリ声、朗々としたクリーンボイスを披露

2. Arvssynd はナレーションの後、テンション高いVo.と共に疾走
身を切る様なトレモロリフで突っ走り、激情のブラックメタルです。
その後は不思議なシンセが被さり怪しげなノリを見せます。

3. Drapsnatt は笛等が絡んだり、ノリの良いリフが登場したりと軽快な曲
ただ、Vo.はヒステリックに叫び散らしています。
雄々しいコーラスと共に終幕

4. Mannen I Min Spegel はアトモスフェリックなブラックメタル
1曲目でも聴けた暗く影を落とす様で美しいピアノがイイ感じ

5. Somna In は寂しげでどこか調子外れのピアノ、
ノイズ、泣き声なんかが絡み不気味さ際立つ1曲

6. Ve Er はアコギ、うっすらとしたシンセによるイントロから、
徐々に疾走へと畳みかけ、幻想的なシンセが被さります。

7. Tonerna De Klinga もKey.が秀逸な曲
絶望感を漂わす冷え切った音使いが素晴らしいです。

8. En Besvuren Plats は若干勇壮なノリを見せつつ、
ドゥーミーで哀しみに浸る様なパートへと展開していきます。


フォーク要素を含むアトモスフェリックなブラックメタルとして
紹介されていることもあるようですが、簡潔には説明できないスタイルでしょうか。
ただ、どの曲もドラマティックでそれなりに気に入っています。
Arcturus の様に暗黒耽美、クラシカルなKey. 、ピアノを用いた
アトモスフェリックなパートはゴシカルな色合いも感じられます。
Vo. の絶叫と共に疾走に畳みかけ、トレモロで刻み倒すリフ、
テンション高く叫び散らすVo.で突き進む様は激情のメロディック・ブラックさながら
Vo.は多彩な楽曲に合わせる様に様々な歌唱を見せます。
通常のガナリ声、低音で這う様なガナリ声、ヒステリックな叫び、
朗々としたクリーンボイス、雄々しいコーラスなんかも登場
暗くどんよりした空気、Vo.の悲痛さからデプレッシヴ・ブラックファンへも受けそうな作品
悪く言えば掴みどころのない作品かもしれませんが、結構気に入っています。
満足度は87点くらいでしょうか。


myspace
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
Mosa
年齢:
33
性別:
男性
誕生日:
1984/08/10
職業:
研修中
趣味:
音楽鑑賞 競馬観戦
フリーエリア
ブログ内検索
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新TB
(09/09)
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]