忍者ブログ
趣味である音楽(主にメタル)や競馬に関するブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

新選組魔戦記.jpg










Dragon Guardian & Knights of Round 「桜牙」 / 新選組魔戦記
2011
Melodic Power/Speed Metal、声優




Dragon Guardianの勇者アーサー氏とKnights of RoundのYazin氏が
コラボレートしたメロディック・スピード/パワーメタルの1stアルバム
以前のシングルに引き続き豪華声優陣を迎えての作成となりました。


1. 新選組魔戦記 は渋い尺八の音、ナレーションによる本作の序章

2. 紅き涙 はヘヴィーなリフからツーバス疾走へ雪崩れ込むメロスピチューン
突き抜ける様なサビの歌メロ、重厚なコーラスと言い王道ですね。

3. 桜咲く場所 は心躍るようなリズムに明る気なリードギターで幕を開け、
曲名通り春の陽気を運んできそうな爽やかな歌唱が映える1曲

4. 粉雪二吠エル義士 は緊迫した戦闘シーンの空気を演出するサウンド、
野郎どもの怒声が登場します。また、Vo.は前曲までとは別の実谷ななと言う方が担当

5.破邪の瞳 は初期X的なリフで始まり、
正にDragon Guardian的な歌メロでドラマティックに進行します。
あの方が歌ったら映えそうですが、このみーやという方もカッコ良い熱唱を聴かせてくれますね。

7. ハチャメチャな毎日 は前曲までのシリアスな流れを吹っ飛ばす
軽快なアップテンポチューンで、アニソンの様でもあります。

8. 五稜郭の戦い はどこかで聞いたことがありそうなリフで開幕
佐藤さんの熱演の裏で奏でられる泣きのツインリードがドラマティックです。

9. 悲しく微笑む風の旋律 は御約束のお涙頂戴的な流れへ
しかし、佐藤さんの熱演ぶりに胸が熱くなる自分がいました・・・
リードギターが臭すぎるぞ・・・

10. 藤田の日誌~結~ は毎作御馴染の後日談的ナレーション
ハッピーエンドだったのかな?


既にリリースされているシングル2作品、また彼らの関連プロジェクトの作品から
全く芯のぶれることがない安定の作風になっています。

和風テイストを漂わせる尺八、琴なんかの出番もありますが、
やはりDragon Guardianならではのクサいメロディー、
疾走感に富んだドラマティックな展開で畳みかける曲が多いですね。
Yazin氏によるメロディー至上主義の泣きのプレイも、
本作のストーリーの展開にマッチしており琴線に触れるものがあります。
Vo.は実谷ななさん、みーやさんという御二方が担当
私は2人とも知りませんでしたが、どちらも実力に不足はないですね。
実谷さんの方は恐らくこの手のジャンルは慣れていないでしょうが、
奮闘が光ります。まあ、メタルを歌うにはソフトな歌唱かもしれませんが、
その辺りは個人的な好みでしょうね。
みーやさんはメタル、アニソンどちらにも通じる熱唱が熱く心を揺さぶります。
また、Dragon Guardianと言えば恥ずかしいまでの台詞パート
豪華声優陣が演じているだけあってストーリーに引き込まれますね。
特に佐藤さんの熱演ぶりがカッコよく、恥ずかしさを忘れるほどでした・・・

ライナーノーツはなんと和田誠氏が担当
声優陣、Vo.の解説までしてしまっている辺りも見どころ
満足度は84点くらいでしょうか。


本作で完結なんでしょうか・・・

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
Mosa
年齢:
33
性別:
男性
誕生日:
1984/08/10
職業:
研修中
趣味:
音楽鑑賞 競馬観戦
フリーエリア
ブログ内検索
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新TB
(09/09)
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]