忍者ブログ
趣味である音楽(主にメタル)や競馬に関するブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

真実の石碑.jpg










Dragon Guardian / 真実の石碑
2010
Melodic Speed Metal
 



前作で遂にメジャー進出を果たした国産メロディック・スピードメタルの4thフル
Vo.は前作同様Light Bringer, Unlucky Morpheus のFuki
Ba. もLight Bringer, Alhambra のHibiki


1. 魔神覚醒 は荘厳なコーラスと煌びやかなシンセによる緊迫感のあるインスト
お馴染の語りも登場し、自ずと期待が高まります。

2. 四英雄伝説 はクサクサなリードギターにニヤリとさせられつつ、
パワフルな中低音域をフィーチュアした歌メロは、2ndを思い出させます。
また、語りのバックで流れる演奏のクサさが凄まじいことになっていますね。

3. 聖十字学園 は笛、ハープ等が絡む穏やかな演奏に、
Fuki嬢のファルセットを用いた歌唱が乗り、そこから当然の如く疾走へ
地味にHibiki のテクニカルなベースが炸裂するもあまり目立ってないかなw

4. 漆黒の将軍レギウス 教会的なイントロから、ヘヴィーに刻まれるリフが登場
Fuki 嬢の表情豊かな歌唱、Hibikiのベースが主張します。

5. 裏切りのユリア は哀しげなピアノが印象的で、
当然のように疾走していくドラマティックな1曲

6. 商業国家ウェールズ は軽快に突き進む民謡的なノリを見せるインスト

7. 永遠の剣 は飛翔感ある歌メロが心地よく、
語りパートの演奏は神秘的なゲーム音楽の様でこの場面にピッタリです。

8. 砂漠の餓狼 は砂漠の雰囲気を漂わす音使いに、
ハーモニクスを交えた荒々しいメタルコア風リフで突っ走ります。

9. 第二次魔神聖戦 は最終決戦ということで緊迫感ある展開を見せます。
ストーリーの方はお約束のお涙頂戴的なものですが、
それを楽しむ様ではないと彼らの作品は聴けない気もしますね。

10. 真実の石碑 はED
哀しき物語の余韻を残しつつ静かに終幕・・・


前作3rdフルから1年ほどと短めのスパンでのリリース、
また様々なアーティストとコラボレーションしたりと精力的な活動を見せる
勇者アーサー氏ですが、相変わらずのクオリティーを誇る作品で一安心
シンフォニック、クラシカルな装飾を施すクサクサなKey.
これまたクサメロを炸裂させるギターは、時にヘヴィーなリフで突き進み、
テクニカルなベースが主張する場面もあります。
Fukiの歌唱は相変わらずパワフルで頼もしいことこの上なしです。
今までの音源よりゴリ押し感はなく、表情豊かなになった気もします。
まあ、どっちも好きなんですけどね。
荘厳なコーラスパートを用いる場面も多いですね。

とまあ、前作までとほぼ同様の作風ですが、
打ち込みドラムを始めとする音質、プロダクションは初期に比べると大分向上
また赤面必死のキャラの台詞がなくなり、
それはそれで寂しい気もしてきます。
語りパートの裏で流れる演奏の雰囲気作りが良くなりました。

今年はこの手のメロディック・スピードメタル、
シンフォニックメタルの奮闘が凄まじいことになってますが、
本作もメロスピ再興を暗示する作品の一つとなりそうです。
満足度は83点くらいでしょうか。
 

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
Mosa
年齢:
32
性別:
男性
誕生日:
1984/08/10
職業:
研修中
趣味:
音楽鑑賞 競馬観戦
フリーエリア
ブログ内検索
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新TB
(09/09)
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]