忍者ブログ
趣味である音楽(主にメタル)や競馬に関するブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Destiny of the Sacred Kingdom.jpg










Dragon Guardian / Destiny of the Sacred Kingdom
2011
Melodic Speed Metal




勇者アーサー氏による国産メロディック・スピードメタルの2011年作
1stアルバム「聖邪のドラゴン」のリメイク作で、Vo.はLeo Figaro(MinstreliX)氏です。


2. Treasure Land は今回新たに書き起こされた1曲
サビの歌メロをなぞるリードギターで幕を開けるお馴染のイントロ
この曲だけチューニングを下げヘヴィーさを押し出している様ですが、
クッサクサなメロディーにそれどころではありません・・・

3. Mountain of Sword はDragonforce張りに疾走するイントロで、
明るげなギターソロ、ツインギターのハモリが印象的です。
ラストのコーラスもクサいですね。

4. Holy Dragon vs Evil Dragon は物哀しげなピアノとストリングスから、
クサクサなツインリードが泣きまくります。

5. Requiem はDragon Guardianで唯一のパワーバラードと言うことで、
Leo Figaroの艶やかな歌唱が光ります。
所々、メロウに歌う様なベースラインも素敵に主張

6. Book of the Magic も歌う様なベースラインが印象的です。
どこかで聴いたことがありそうな跳ねる様なタッチで奏でられる鍵盤も素敵

7. Destiny of the Sacred Kingdom はアグレッシヴに突き進むドラム、
トレモロリフまで飛び出しブラックメタルの影響を感じさせるイントロです。

8. The Never Ending World は緊迫感を与えるリフがいかにも最終決戦の様相を呈してます。
オリジナルとは比べるまでもなく、ゴージャスな音使いですね。


今までの作品で終始一貫してきた台詞の導入、日本語詩、
女性Vo.を起用するというスタイルを廃してギターソロの挿入、
男性Vo.を迎えての作成となった本作
そんな方向性の変化を匂わせつつも、聴いているとやっぱりDragon Guardianじゃねえか、
と言わざるを得ない安心のデキに仕上がっています。

当然と言っていいものか、ほとんどが激烈な疾走チューンで占められており、
クサメロを乱舞させるリードギター、ツインリードのハモリ、
更に台詞の代わりのギターソロもテンション高くシュレッド主体のプレイを披露
当然シンフォニックな装飾を加えるシンセの類も、
オリジナル盤を超える臨場感で迫りますね。
日本人好みのツボを抑えたキャッチーな歌メロの存在も大きく、
アニソン張りにキャッチーと言えそうなほどです。
Leo Figaro氏のVo.ですが、癖のない中性的な声と言った感じで、
正にこの手のメロディック・スピードメタルを歌うための声ではないでしょうか。

あの恥ずかしい台詞に拒絶反応を示した方にも聴いて欲しい作品です。
最早オリジナルとは別物に感じました。
満足度は88点くらいでしょうか。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
Mosa
年齢:
33
性別:
男性
誕生日:
1984/08/10
職業:
研修中
趣味:
音楽鑑賞 競馬観戦
フリーエリア
ブログ内検索
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新TB
(09/09)
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]