忍者ブログ
趣味である音楽(主にメタル)や競馬に関するブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Under the Grey Banner.jpg










Dragonland / Under the Grey Banner
2011
Melodic Power/Speed Metal

 



スウェーデン産メロディック・パワーメタルの5thフル


1. Ilmarion は壮大なファンタジー世界へと誘うインスト曲

2. Shadow Of The Mithril Mountains は女性声による語りによる導入から、
シンフォニックな装飾を撒き散らしながら疾走へ雪崩込みます。
以前は頼りなかったJonas HeidgertのVo.も大分良くなり、劇的なものになっています。

3. The Tempest は中間のピアノとウィスパー気味のVo.から、
ソロへの流れがお気に入りです。

4. A Thousand Towers White は情感豊かなビブラートを効かせたイントロの
リードギターが印象的で、爽やかに疾走していきます。

5. Fire And Brimstone は太陽の光を反射している水面を想像させる
シンセの装飾が秀逸で、大仰なVo.なんかも所々登場

6. The Black Mare は民謡的なメロディーを活かした曲

7. Lady Of Goldenwood はキャッチーなサビがシンガロングを誘いますね。

8. Dûrnir's Forge は幻想的でゴシック風の女性Vo.を加えています。


初期の2作品で披露していたキラキラとした爆走チューンが、
すっかり鳴りを潜めてから久しいですが、本作も3rdアルバム以降と同路線の
メロディックでシンフォニックなメタル作品となっています。
3rdアルバム以降、ドタバタとした疾走曲はめっきり少なくなり、
北欧らしい美しいメロディー、
流麗なツインリードを主軸にしたサウンドを披露していたのに対し、
本作は更にシンフォニックな装飾を施した作風となっています。
中心人物のギタリストOlof Mörckは、ここ日本でもすっかり人気を博すようになった
Amaranthe, Nightrage での活躍も記憶に新しいところ
個人的には本作のようなシンフォニックな作風より、
流麗かつメロディックなツインリードをフィーチュアした3rdアルバムの方が好みです。
Jonas HeidgertのVo.は相変わらずのナイスな北欧声で、
デビュー当時の頼りなさに比べたら大分歌えるようになりましたね。
まあ、正直パッとしたキラーチューンがないため地味に映るかもしれません。

前作を気に入った方に薦めたい作品
過去のB級感あるメロスピ然としたものも恋しいです・・・
満足度は81点くらいでしょうか。


7. Lady Of Goldenwood
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
Mosa
年齢:
32
性別:
男性
誕生日:
1984/08/10
職業:
研修中
趣味:
音楽鑑賞 競馬観戦
フリーエリア
ブログ内検索
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新TB
(09/09)
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]