忍者ブログ
趣味である音楽(主にメタル)や競馬に関するブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

De Ferro Italico.jpg

Draugr / De Ferro Italico
2011
Folk, Black Metal




イタリア産フォーク、ブラックメタルの2ndフル


1. Dove l'Italia Nacque は野郎達の勇ましい雄たけび、
合戦の様子が聞こえてくるいかにもなインスト

2. The Vitulean Empire はブラストビートと共に高音絶叫スタイルのVo.が木霊す
禍々しい出だしで、ギターリフの質感が昔のCradle of Filthのようです。
笛の音、アコギを絡めた長閑でトラッド風味漂うパートとのギャップが激しいですね。

3. L'Augure e il Lupo はジャンルこそ違えどWuthering Heightsの様な出だし
野郎達の野太い合唱に合いの手、笛の音にウキウキさせられますね。

4. Ver Sacrum はよりフォーキッシュな一面を押し出した1曲
ヴァイキング的な軽快さ漂うノリからはEquilibriumを思わせます。
アコーディオンの多用、騒がしい野郎Vo.などもいかにもですね。

6. Legio Linteata は勇壮なリフをフィーチュアしています。

7. Ballata d'Autunno はスケールの大きい大自然が浮かんでくるインスト
FF VIIのコスモキャニオンとか合いそうです。

8. Inverno は無慈悲な爆走に低音デスVo.も顔を出すエクストリームな一面が見え隠れ
スラッシーなリフが熱く、心を揺さぶります。

10. De Ferro Italico はラストを飾る大曲
またもやぶつかり合う剣の音に野郎達の掛け声を交えたイントロでスタート
目まぐるしく展開していくドラマティックな対流にクラクラ・・・


笛、アコーディオンを多用したヴァイキング臭漂うブラックメタルといった印象
ブラストビートを交えつつ、威圧感あるリフを掻き鳴らす様は
Cradle of Filthに通じるものもありますが、アチラほど派手さ・禍々しさは感じらません。
若干クサい(漢くさい)ともとれるメロディー、
アコギ等を用いたフォーキッシュな装飾、
馬鹿騒ぎする野郎どもの声、合戦のSEなどなど軽快なノリを楽しめます。
トラッド風味の強い音像によるドラマティックな楽曲が大半を占めており、
即効性の高い作品でしょうか。
自分は店頭で流れていたのを聴いて買いました。
曲によりますが、禍々しい擦れるような高音絶叫を上げるVo.は
ブラックメタル的に見てもカッコ良し。
若干ですがDani Filthの様な存在感を醸し出す場面もあったり・・・

Wintersunなどヴァイキング要素の強いブラックメタル作品を好む方、
EquilibriumやEluveitieなどのフォーク要素漂う作品を聴く方に薦めたい作品
満足度は82点くらいでしょうか。


1. Dove l'Italia Nacque ~ 2.  The Vitulean Empire
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
Mosa
年齢:
33
性別:
男性
誕生日:
1984/08/10
職業:
研修中
趣味:
音楽鑑賞 競馬観戦
フリーエリア
ブログ内検索
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新TB
(09/09)
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]