忍者ブログ
趣味である音楽(主にメタル)や競馬に関するブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

A World Long Dead.jpg










Drowning the Light / A World Long Dead
2007
Black Metal




オーストラリア産ブラックメタルの2ndフル
2008年にリリースされた再発盤にはEP「Vampyric Winter」を追加収録
digipack仕様のものは↑の画像とは別物で200枚限定


1~7曲目が「A World Long Dead」収録曲


1. Tears of a Dead God はクラシカルなピアノによるインスト

2. The Haunted Ruins of a Vampyric Soul から終始、根暗・陰気なブラックメタル
スタスタとチープに疾走するドラムと、
仄かに温かみを感じさせるギターリフがミニマルに続いていく中、
Vo.は喉元から苦しげなガナリ声をあげるスタイルですね。
後半はクリーンボイスのコーラスと合唱していく感じになってます。

5. Mysteriis Anguis はブラストビートとともに疾走していくアグレッシブな1曲
灰色一色の退廃的な世界観を感じさせる中、僅かではありますがメロウさも感じさせます。
後半は発狂ヴォーカルと言い、阿鼻叫喚の地獄絵図寸前の様相を呈してます。

7. A World Long Dead (Time Heals Nothing) は10分を超える大曲
ジワジワと心身を蝕んでいくデプレッシブ・ブラック系のリフが淡々と垂れ流されます。


8~11曲目が「Vampyric Winter」収録曲


8. Black Candles Burning Out は冷んやりとしたシンセによるインスト

9. Vampyric Winter はガチャガチャ喧しいドラムが印象的で、
最近の作品と言うこともあってか、音も1~7曲目と比べると大分良くなってます。


「A World Long Dead」の方は灰色一色の退廃的な世界が浮かんでくるブラックメタル
次作の「Through the Noose of Existance」程ではないにしろ、
デプレッシブなブラックメタルになってます(特に7曲目)。
そんな中にも僅かながらメロウさ・温かみを感じさせるメロディー何かも顔を出します。
Vo.は苦しげなガナリ声スタイル

「Vampyric Winter」収録曲の方はコールドで比較的メロディックなリフが
身を刻んでいくようなスタイルのブラックメタルで、
疾走パートでの喧しいドラムなどのせいかSatanic Warmasterを思わせる部分も・・・
音質の方も「A World Long Dead」と比べると大分良くなってます。
個人的にはこちらのスタイルの方が好みですね。

満足度は71点くらいでしょうか。


それにしてもこのバンドはネタと言えるくらい音源リリースのペースが早いですが、
今年も相当出してますね・・・
まあ気が向いたら探してみようか・・・ってくらいですがw

 

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
Mosa
年齢:
32
性別:
男性
誕生日:
1984/08/10
職業:
研修中
趣味:
音楽鑑賞 競馬観戦
フリーエリア
ブログ内検索
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新TB
(09/09)
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]