忍者ブログ
趣味である音楽(主にメタル)や競馬に関するブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

An Alignment of Dead Stars .jpg










Drowning the Light / An Alignment of Dead Stars
2009
Black Metal




オーストラリア産ブラックメタルの10thフル(?)くらい


1. Distant Autumn Rain はアコギを絡めた郷愁の念を誘うインスト

2. The Cult of Shadows はキラーチューン
モロにSatanic Warmasterを彷彿とさせるトレモロリフで突き進むも、
アチラほど濃厚なノリは感じさせず、物寂しげな空気が漂います。
後半にかけて慟哭をあげるVo.と共に激情の展開へ・・・涙出てきます・・・

3. An Alignment of Dead Stars もSatanic Warmasterを
よりオールドスクールなノリに仕上げた様な1曲
刺々しさを感じさせるプリミティヴ・ブラックと言うよりは、
Nargarothの「Rasluka Part II」の様な音で気に入っています。

4. The Flame も1曲目同様のインスト

5. Sound the Battle Horn もNargarothを思わせます。
ノイジーで寒々しい中にも、どこか温かみを覚えます。

6. Drinking the Sacrament of Eternity (Revenge of the Impaler)は
割とノリノリに突き進む中、ベースラインの主張も見られます。
独特の残響感を残していくトレモロリフが印象的

7. A Call to Arms は前曲までに比べ、Rawなドラムが際立っています。
リフ、メロディーはSatanic Warmaster的ですね。
後半には美しいシンセの装飾が加わります。


正直、あまりにリリースのペースが速過ぎるバンドは
どうも追い掛ける気になりません。
このバンドもその典型と言ったところで、他作品も聴いていない物が多いです。

最近の作風と言うべきか、Satanic Warmaster辺りの寒々しくも
メロディックなプリミティヴ・ブラックをベースとしていながら、
より暗く、物寂しげな空気が漂う作品になっています。
更にアチラほど癖のあるノリもなく、聴き易い部分もあるかもしれません。
ノイジーで寒々しくもどこか温かみのある音は、
数多いるプリミティヴ・ブラック勢の中でもNargarothの「Rasluka Part II」を思わせ、
所々まんまNargarothじゃねえか、と感じられる場面も・・・
時にRawに突き進むドラムもポンコツ感はなく、力強さも感じさせます。
ブラストビートに頼らないオールドスクールな姿勢に好感が持てますね。
時折顔を出す美しく哀しげなシンセによる装飾も良いです。
擦れる様に苦しげな声を上げるガナリVo.も王道と言ったところで、
時々上げる呪詛染みた声、感情をむき出しにした慟哭なんかも印象に残ります。
インスト曲を始め、随所にアコギ等郷愁を誘うパートも盛り込んでおり、

このバンドの作品の中でも気に入った部類に入ります。
ただ、全14曲は多く半分くらいで良い様な気もしています。
現に本記事も途中でどうでもよくなった感じですねw
満足度は83点くらいでしょうか。


2. The Cult of Shadows
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
Mosa
年齢:
32
性別:
男性
誕生日:
1984/08/10
職業:
研修中
趣味:
音楽鑑賞 競馬観戦
フリーエリア
ブログ内検索
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新TB
(09/09)
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]