忍者ブログ
趣味である音楽(主にメタル)や競馬に関するブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Palest Kingdom.jpg










Eternal Helcaraxe / Palest Kingdom
2008
Black Metal




アイルランド産ブラックメタルの5曲入りEP


1. We Stood As Kingsa は壮大さ漂う感動的なインスト
これから先への期待が高まります。

2. Demon Breed  は北欧メロディック・デスメタル的なリフ、
ブラストビートを交えつつアグレッシヴに疾走するも、
チープな音質のせいかアンダーグラウンド感が漂います。

3. Palest Kingdom もこれまた北欧の初期メロディック・デスメタルの様な
身に沁みる叙情感を滲ませたメロディーが良い感じ
中盤何かが決壊したかのように疾走していく様に驚かされますね。

4. Burning Light は北欧デスメタル的な刻みを見せつつ、
メランコリックなピアノが美しく、語りかける様なVo.も相まってドラマティックに展開
終盤は寒々しいリフと共に疾走する怒涛の流れを見せます。

5. The Undying lands は神秘的なダーク・アンビエントの様な出だしから疾走へ
感動的なまでに美しいシンセがドラマティックに盛り上げますね。


後にリリースされたEP「To Whatever End」と比べると、
大分アンダーグラウンドな音、ブラックメタルをプレイしていた様に感じられます。
そんな中にも北欧らしい叙情感(アイルランドは北欧に含めないんでしょうが・・・)、
美しさの中に憂いを帯びたメロディーが全編に渡って散りばめられています。
派手になり過ぎないシンセによる装飾、
美しくもメランコリックなピアノの音がここぞ、と言う場面で登場し、
ドラマティックな楽曲を一層盛り上げていますね。
Vo.は擦れた様なガナリ声、時折朗々としたクリーンボイス、語りなども登場
ベースもメロウなフレーズを奏でたりと主張しますね。
メロディックなリフ等のおかげか聴きやすい部類の作品ではないでしょうか。
満足度は80点くらいですかね。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
Mosa
年齢:
35
性別:
男性
誕生日:
1984/08/10
職業:
研修中
趣味:
音楽鑑賞 競馬観戦
フリーエリア
ブログ内検索
カレンダー
11 2019/12 01
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新TB
(09/09)
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]