忍者ブログ
趣味である音楽(主にメタル)や競馬に関するブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Score to a New Beginning.jpg










Fairyland / Score to a New Beginning
2009
Symphonic , Melodic Power/Speed Metal




フランス産シンフォニック、メロパワ、メロスピの3rdフル
Philippe Giordana を中心にゲストミュージシャンを多数迎えての制作


1. Opening Credits はファンタジー映画にでも出てきそうなインスト

2. Across the Endless Sea Part II はしっとりとしたKeyによるイントロから疾走
Marco Sandron(Pathosray)によるウィスパー気味の歌唱、
熱唱に分厚いクワイアが被さってくる展開で、
この手のシンフォニックなメタルが好きな方は悶絶できそうです。

3. Assault on the Shore はサビでの飛翔感を演出するコーラスが素敵
正直ソロはそんなに耳に残らなかったです・・・

5. A Soldier's Letter は戦闘後の様な静けさが漂うピアノでスタート
アコギを用いた展開もイイ感じです。

6. Godsent はキラーチューン
煌びやかなKeyによる大仰なサウンドは相変わらずですが、
Marco Sandronによる血管ブチ切れ寸前の熱唱が最高です。

7. At the Gates of Morken はちょっぴりサイバーな雰囲気のKeyが印象的
こちらでもMarco Sandronの熱唱がカッコ良し

9. Score to a New Beginning は本作のハイライト的チューンで9分ほどあります。
中盤以降の盛り上がりはテンション上がりますね。


以前はシンフォニックでありながら、若干のB級感を漂わせるクサメタル要素を感じさせる
作風となっていましたが、本作ではハイクオリティーなシンフォニック・メタルになってます。
Key.のPhilippe Giordanaが中心となっていることもあってか、
Keyが前面に押し出されていることが多く、煌びやかな美旋律に満ちていますね。
分厚いクワイアや女性ヴォーカルを頻繁に用いており、
ファンタジー映画、ゲーム音楽さながらの大仰なサウンドになってます。
ただ、ソロを含めてギターの印象がほどんど残らなかったのは残念・・・
そしてなにより、Pathosrayより迎えたMarco Sandronの歌唱が素晴らしいです。
Russell Allenの様な熱唱から、Roy Khanの様な色気のある歌唱など
器用にこなしており、個人的にかなり好きなVo.の1人でもあります。
ハイトーンで熱唱するところなんて痺れっぱなしです・・・
シンフォニックなメタル、疾走好きな方に薦めたい作品ですね。
満足度は84点くらいでしょうか。


9. Score to a New Beginning
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
Mosa
年齢:
33
性別:
男性
誕生日:
1984/08/10
職業:
研修中
趣味:
音楽鑑賞 競馬観戦
フリーエリア
ブログ内検索
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新TB
(09/09)
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]