忍者ブログ
趣味である音楽(主にメタル)や競馬に関するブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

The Malediction Fields.jpg










Fen / The Malediction Fields
2009
Black Metal , Post Rock




英国産ブラックメタル、ポストロックバンドによる1stフル
ツルツルの見開きデジパック仕様


1. Exiles Journeyはアコギによる叙情フレーズ、
邪悪なガナリ声によるパートが交差するはじまり
その後、ポストロック的なアプローチを見せるギターにアトモスフェリックなKeyが絡みます。

2. A Witness to the Passing of Aeonsは夜空に煌く星の様なKeyからスタート
メランコリックなギターソロ、儚げなクリーンボイスによる哀愁溢れる1曲

3. Colossal Voidsはキラーチューン
クリーンボイス、アコギによる美しいパートと、
イーヴルなガナリ声によるパートをシフトさせる前半部分も魅力的ですが、
クリーンボイス、ガナリ声が重なった歌パートが終わってからが本番
澄み切ったKeyによる露と消え入りそうな儚いフレーズが登場し、
2面的なボーカルによる切なさが一層強調されています。
ラストは胸を締め付けられるほどの哀愁に涙腺崩壊するしかないですね。

4. As Buried Spirits Stirは前曲までと比べるとアグレッシブな曲
神秘的なKeyとアコギの絡みが素敵ですね。

7. Bereftは10分超えの大曲
差し込む光のようなKey、ゆったりと奏でられるベースラインが主張しています。
終盤のKeyが本作の終わりを告げるのにピッタリですね。


今流行りの(?)ポストロック、シューゲイザー要素を含むブラックメタル
ということで、フランスのAlcest , Amesoeursらに通じる部分を感じます。
アコギにより紡がれる叙情フレーズ、
うっすら被さるアトモスフェリックなKeyはどこか神秘的ですらあります。
シューゲイザー的なアプローチを見せるギターの音に埋もれることなく、
ベースラインも主張してきます。
ボーカルは邪悪なガナリ声と美しいクリーンボイスの両刀使い
基本的にミドルテンポで進む楽曲ですが、
時折ブラストビートを交えブラックメタルらしいアグレッションに富んだパートも見せてますね。
何とも切なく儚げなメロディーに胸を打たれること請け合いの良作ではないでしょうか。
特に3. Colossal Voidsは凄まじいデキ・・・
2007年発の「Ancient Sorrow」も欲しいところです。
満足度は89点くらいですかね。


Fenとはイギリスのとある地域の名前”Fens”からとったそうで、
平坦でミステリアスな景観をもっているとのことです。
メンバーはこの地で育ち、音楽性、テーマもこの地域の雰囲気の影響を受けているとか
いつか行ってみたいものです。


3. Colossal Voids
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
Mosa
年齢:
33
性別:
男性
誕生日:
1984/08/10
職業:
研修中
趣味:
音楽鑑賞 競馬観戦
フリーエリア
ブログ内検索
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新TB
(09/09)
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]