忍者ブログ
趣味である音楽(主にメタル)や競馬に関するブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Agony.jpg










Fleshgod Apocalypse / Agony
2011
Death Metal , Symphonic




イタリア産デスメタルの2ndフル
国内盤にはボーナストラックを1曲収録


1. Temptation は本作の幕開けとなる短めのインスト曲
 
2. The Hypocrisy は人外染みたブラストビート、
ツーバス疾走による圧倒的な疾走感に包まれる中、
荘厳華麗なシンセが乱舞し凄まじいテンションで突き進みます。
ブルータルな一面とクリーンVo.によるメロウな歌唱、泣きのギターソロの対比が鮮やかで
ドラマティック極まりない楽曲

3. The Imposition も圧迫感さえ漂う荘厳なシンセと、
激流の様に迫るドラムが息つく間を与えない緊張感に満ちた曲

5. The Violation はPVもある曲
徐々にテンポを上げつつ迫るストリングスによるイントロから、やはり爆走
シュレッド気味のプレイから、ツインリードによるハーモニーが美しいソロ、
泣きのソロと魅力的なギターソロも美味しいです。

6. The Egoism は本作の中ではあまり速くない曲でしょうか。
Dimmu Borgirに通じるものを感じます。

7. The Betrayal は艶やかな美旋律を奏でるシンセに悶絶・・・

8. The Forsaking も前曲に続いて割と落ち着いた曲
身も心も清まり、昇天してしまいそうな幻想的な空気に包まれます。
Dark Lunacyっぽいかも

10. Agony はピアノによるインスト曲

11. Heartworkは国内盤に収録されているボーナストラック
Carcassの超有名曲ですね。過去にはAt the GatesのBlinded by Fearなんかもやってますね。
彼ららしいシンフォニックな装飾と凄まじいドラミングをフィーチュアしたカヴァー


全編を通してダークでシンフォニックな装飾を施すシンセが主張、
到底人力とは思えないブラストビート、ツーバス捌きを見せつけるドラムが
雪崩れ込み凄まじい音の塊として飛び込んできます。
その迫力、重厚さはテクニカル、ブルータルなデスメタルに通じるものがありますね。
ギターリフは割とシンプルな高速刻みを主体としており、
ソロではテクニカルと言うよりは、泣きのエモーションを発散させるもので、
親しみやすさを感じさせます。
Vo.;は迫力のある中低音デスボイスと、
メロウかつヘタウマなクリーンボイスによる(別人が担当している模様)歌唱を披露
ともにアルバムタイトル通り苦悶に満ちたイメージを抱かせ、
非常にドラマティックです。ハイトーン気味に踏んばる歌も素敵・・・
まあ、突っ込むところとすれば、ドラムの音がデカイ気がするのと、
リフが単調というか面白みに欠ける気もしますが・・・w悶絶してることには違いありません。

彼らの作品は本作がはじめてでしたが、
息つく間もない緊張感に満ちた楽曲は捨て曲なしと言えます。
シンフォニックなメタルを好む方から、テクニカルなデスメタルを好む方、
Dimmu Borgir, Septicfleshを好む方にも薦めたい作品
満足度は90点くらいでしょうか。


5. The Violation
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
Mosa
年齢:
32
性別:
男性
誕生日:
1984/08/10
職業:
研修中
趣味:
音楽鑑賞 競馬観戦
フリーエリア
ブログ内検索
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新TB
(09/09)
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]