忍者ブログ
趣味である音楽(主にメタル)や競馬に関するブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Vicious and Cruel Symphony.jpg










Funeral Elegy / Vicious and Cruel Symphony
2008
Black Metal




国産ブラックメタルの音源集、手書きナンバー入り666枚限定
過去のデモ3作+ライブ音源の計14曲を収録


1~4曲目は2003年のRehearsal Demo収録曲
hakujaのソロ「Legacy」にも収録されてますね。


1. Dropped On InfernaはLegacyの方に慣れていると、
テンポが遅く、ボーカル聴こえなさすぎと言った感じで、
アンダーグラウンド臭漂うブラックメタルになってます。

2. Black Desireも相変わらずのチープな音質ですが、
終盤の温かみのあるベース、ギターによる切なげなフレーズを伴って
スタスタ疾走するのはカッコいいです。

4. Dew Of Blood は勝手に彼らの代表曲と思っているキラーチューン
Psychoblazeによるベースラインが堪りません・・・


5~7曲目は2002年のFuneral Elegy収録曲


5. Black Sunrise でまず思うのは、
1~4曲目に比べ音圧は増してますが、よりジャリジャリとノイジーになってます。
イントロとかMayhemの1stにあった様な・・・

6. Gloomy Highland は焦燥感、圧迫感を感じさせるリフが不気味です。
ボーカルは何かに追い詰められたような悲痛な叫びを上げてます・・・


8~9曲目は2001年のDemo #1収録曲


8. Black Sunrise は5曲目と同じ曲
エフェクトがかかったようなボーカルや、ノイズ(?)のようなものが聴こえます。


10~14曲目は2004年のライブ音源


13. Dew Of Blood はやはりカッコいいです・・・
音は籠り気味ですが、荒々しくテンション高めに疾走する各パートが素晴らしい。


デモ音源ということで音質はやはり悪いです。
特に良曲揃いの「Rehearsal Demo」が1番音圧に欠けます。
1~4曲目をより良い音で聴きたい方にはHakuja / Legacyをおススメします。
私はHakuja氏のソロの方が気に入っています。
しかし、温かみのあるベースラインが所々で主張し、
儚げなメロディーを奏でるギターとユニゾンしたり、
突如疾走しはじめるところには思わず反応してしまいますね。
満足度は70点くらいでしょうか。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
Mosa
年齢:
32
性別:
男性
誕生日:
1984/08/10
職業:
研修中
趣味:
音楽鑑賞 競馬観戦
フリーエリア
ブログ内検索
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新TB
(09/09)
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]