忍者ブログ
趣味である音楽(主にメタル)や競馬に関するブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Maranatha.jpg



 

 




Funeral Mist / Maranatha
2009
Black Metal
 




スウェーデン産ブラックメタルの2ndフル
Marduk でお馴染のArioch がドラム以外を担当している様です。


1. Sword of Faith は喚きの裏で怪物の様な呻き声が木霊すイントロから、
Deathspell Omega の様な混沌・不穏な空気を撒き散らすリフが登場
Arioch のVo.も前作より表情豊かになった様な・・・

2. White Stone はスローな出だしから、
ズンズンと追い詰める様なドラムが印象的です。
地獄から木霊すかの如きコーラス、Ariochの悲痛な声と言い不気味

3. Jesus Saves! では漸く前作を彷彿とさせる爆走っぷりを見せてくれます。
終盤はノイズ、アンビエントの様なパートへ・・・

4. A New Light も爆走しており、Arioch の怒気を孕んだVo.と共に
分厚い音で畳みかける様は圧巻です。
混沌とした音に脳内を撹拌された様な心地を味わえます。
Arioch と聖歌隊のデュエットも聴きどころ

5. Blessed Curse は12分近い大曲
SE等を用いた怪しげな雰囲気もさることながら、
メロウなトレモロリフも少し顔をのぞかせます。

6. Living Temples は爆走しつつ、うねる様なリフがかなりカッコいいです。


前作はスウェーデン産のファスト・ブラックに、
Deathspell Omegaの様な混沌・邪悪・不穏さを注入した様な作品でしたが、
本作では爆走っぷりは鳴りを潜めている様な気がします。
音質の方は相変わらず分厚く、ブラックメタルらしい寒々しさは
前作にも増して減退していますね。

混沌・不穏さを含ませたギターリフは3rd以降のDeathspell Omegaを彷彿とさせ、
脳内を直接撹拌されているかの様です。
これは前作でも感じられましたが、本作で更に強まっていますね。
また、Arioch による歌唱がかなり多彩なものになっている様に感じました。
通常の中音ガナリ声、悲痛な声、負の感情を捻じり出す様な声、
怒気を孕んだ声など表情豊かです。
SE、コーラスなどを用いているのも相変わらずで、怪しさ抜群
哀愁などとは程遠い無慈悲なサウンドですね。
ブックレット中のアートワークも地獄の様で素敵です・・・
満足度は77点くらいでしょうか。やっぱ、Salvation が好きだなあ・・・


6. Living Temples

 

web拍手
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
Mosa
年齢:
33
性別:
男性
誕生日:
1984/08/10
職業:
研修中
趣味:
音楽鑑賞 競馬観戦
フリーエリア
ブログ内検索
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新TB
(09/09)
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]