忍者ブログ
趣味である音楽(主にメタル)や競馬に関するブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

The Wintermoon.jpg










Funeral Rites / The Wintermoon
1996
Black Metal




国産ブラックメタルバンドによる6曲入りデモテープ
手書きナンバー入りになってますが、何本限定なのかは知りませんw
本作ではKeyがAkiという方にチェンジしています。


1. Photism は短めのインスト
重低音がずっと木霊しています・・・

2. The wintermoon はバタバタと荒々しく疾走するドラムとともに疾走
そこへ前作同様初期Emperorを思わせる冷やかなKeyが空間を埋めるように被さります。
新任のAkiも前作と違和感のない音を出しているようで安心・・・
なんか、前作以上にアンダーグラウンド臭が漂っている気もしますw

3. Beyond the gates は8分と長めの曲
イントロはKeyによる冷えきった演奏は、死霊達が漂う情景を想起させます。
その他のパートは割とオールドスクールなノリで進行

4. Lost misery はスロー~ミドルテンポでゆったり進む曲
こういう曲はあまりなかった気もしますが、
中盤以降のメランコリック極まりない鍵盤に胸が締め付けられますね。
ベースラインも主張しています。

5. After my illusionは教会を思わせる厳かな鍵盤でスタート
そこへ囁くようなガナリ声ヴォーカルが入っていきます。
もの哀しげな曲調が本作のラストに合ってますね。

6. Blasphemer はSodomのカヴァーのようです(原曲は知りませんが)。


前作でのKeyが好きでしたが、新任のAkiによる演奏も前作から違和感を感じさせず、
気に入っています。やはり、Keyだけ注目すると初期Emperorを彷彿とさせます。
冷えきった神秘的な音作りはXasthurを思わせる部分も少しあるでしょうか・・・
といっても、時期的にはこっちの方が早いのかな・・・?
4 , 5曲目では特にKeyがフィーチュアされており、
メランコリックにさえ感じられるパートが素晴らしかったです。
また、前作ではあまり見られなかった
スロー~ミドルテンポでジワジワ進行する曲もあります。
前作同様にデモ音源でありながら音質もそんなに悪くはないですが、
前作以上にアンダーグラウンド臭が漂っている気もしますw
基本的にノルウェイジャン・ブラックらしい殺伐としたメロディーを聴かせる
ブラックメタルになってますね。
満足度は75点くらいでしょうか。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
Mosa
年齢:
33
性別:
男性
誕生日:
1984/08/10
職業:
研修中
趣味:
音楽鑑賞 競馬観戦
フリーエリア
ブログ内検索
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新TB
(09/09)
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]