忍者ブログ
趣味である音楽(主にメタル)や競馬に関するブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Arrivée de la Terne Mort Triomphante.jpg










Gnaw Their Tongues / Arrivée de la Terne Mort Triomphante
2010
Black Metal




オランダ産独りブラックメタルのフル


1. L'Arrivée de la Terne Mort Triomphante は金属音の様なノイズ、
不穏な空気が立ち込めるイントロから、死霊達の呻きの如きコーラスと共に進行
ノイズを用いていながらも、訳のわからない楽曲ということもなく、
それなりの整合感を感じさせる辺りは流石です・・・
終盤は物哀しげなピアノも絡むドラマティックな1曲

2. Les Anges Frémissent Devant la Mort はホラー映画のサントラの
様な圧迫感満載の1曲
呪詛をなすりつける様に囁くVo.と奥の方から聴こえる発狂Vo.が恐ろしい・・・

4. Le Chant de la Mort はシンフォニック・ブラック2歩手前くらいの荘厳さ
漂うイントロ(そうでもない・・・かなw?)が恐ろしげで素敵
と思いつつもダーク・アンビエントのようなノリにも聴こえてきます。

5. Le Trône Blanc de la Mort も軋む様なコーラス、
悪魔の様な中低音ガナリVo.のコントラストに胃が痛みます・・・


過去作品ほどあからさまなノイズの出番は多くありませんが、
それでも混沌とした空気が充満した狂気の作品となっています。
ブラックメタルと言うより、ホラーテイスト満載のサントラと思えそうな
荘厳さが垣間見える音使い、展開がありますね。
そんな過去作品と比べるとブラックメタル離れを感じさせる点は
残念ではありつつも、この整合感のとれた楽曲は流石・・・
ノイズを用いた作品はどうも意味がわからん・・・と思うことが多いですが、
彼の作品はそれなりに聴き通せてしまうから不思議です。
重厚なコーラス、表情豊かなVo.も近寄りがたい空気を演出
どこか調子ハズレなピアノもホラー的なアクセントを付け加えます。

一般的なブラックメタルからはかけ離れた作風ですが、
聴かせるセンス、説得力は流石・・・
同じ人がやっているDe Magia Veterum共々今後の動向が気になります。
満足度は79点くらいでしょうか。


1. L'Arrivée de la Terne Mort Triomphante
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
Mosa
年齢:
32
性別:
男性
誕生日:
1984/08/10
職業:
研修中
趣味:
音楽鑑賞 競馬観戦
フリーエリア
ブログ内検索
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新TB
(09/09)
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]